ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》社会保障制度改革 不安要素多い憲政委員会発足 委員長や報告官は1年生議員 軍の要求とのすり合わせも課題

《ブラジル》社会保障制度改革 不安要素多い憲政委員会発足 委員長や報告官は1年生議員 軍の要求とのすり合わせも課題

マイア議長(Tomaz Silva Agencia Brasil)

マイア議長(Tomaz Silva Agencia Brasil)

 下院が13日、憲政委員会(CCJ)など、14の委員会を開設した。残る11の委員会は14日に開設される。連邦政府が最重要課題とする社会保障制度改革法案を最初に審議するCCJは、ボウソナロ大統領の社会自由党(PSL)など、ロドリゴ・マイア議長(民主党・DEM)の再選を支持した政党の議員を中心に組まれるが、法案承認までの前途は容易ではないと13、14日付現地紙、サイトが報じている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ