ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市東部》ファヴェーラで火災、1人死亡 混乱の最中に軍警が暴行?

《サンパウロ市東部》ファヴェーラで火災、1人死亡 混乱の最中に軍警が暴行?

 23日、サンパウロ市東部のファヴェーラ(スラム街)で火災が発生し、住民1人が死亡する事故が起きた。同地は不法占拠地帯で、24日に予定された強制退去に反対する住民が抗議行動を起こし、軍警ともめたという。25日付フォーリャ紙が報じていた。

 火災発生の場所はラジアル・レステ近くのピーレス・ド・リオ街沿いのファヴェーラ・シメントで、午後7時半頃、何者かが火をつけた。

 この火災で、住宅数10軒が焼け落ちたほか、男性1人が重度の火傷を負った。男性はモオカ区の私立病院に運ばれたが、同日午後8時半頃に息を引き取った。

 放火犯と思しき男は24日未明に捕まったが、この人物の詳細はまだ明らかにされていない。

 証言者の話によると、同地区では24日に不法占拠者の強制退去が行われることになっており、立ち退き前夜の23日は住民たちがラジアル・レステにバリケードを組んで強制退去に反対しようとしていたところ、軍警が到着。火災発生直後で抗議行動の興奮が覚めやらぬ中、住民と軍警の間でもみ合いも発生。現場周辺を巡邏し始めた軍警の一部が、隣接するファヴェーラに移動しようとしていた人たちに暴行を加えたという。

 これまでに少なくとも4人が、軍警が住民に対して暴力的な振る舞いを行ったと証言している。

 

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アマゾン森林火災=G7が消火や植林用資金約束=NGOや住民との協働条件2019年8月27日 アマゾン森林火災=G7が消火や植林用資金約束=NGOや住民との協働条件  【既報関連】24~26日にフランスで主要7カ国(G7)首脳会議が開かれ、議長国フランスのマクロン大統領が、アマゾンの森林火災に対処し、その後の再植林を支援する意向を表明し、2千万ユーロ(9100万レアル)の拠出を約束したと25~26日付ブラジル国内紙・サイトが報じた。 […]
  • サンパウロ市=クラコランジアで密売摘発=17人逮捕、21キロの麻薬も押収2019年8月24日 サンパウロ市=クラコランジアで密売摘発=17人逮捕、21キロの麻薬も押収  22日、サンパウロ市セントロのクラコランジアで麻薬密売の摘発が行われ、17人が逮捕され、21キロ相当の麻薬が押収された。23日付現地紙が報じている。  「レデンソン」と名付けられた摘発は、市警と軍警、市警備隊(GCM)の合同作戦で、計560人が動員された。  2015年以 […]
  • 《ブラジル》各地で森林火災の影響拡大=健康被害に航空便運航停止も2019年8月24日 《ブラジル》各地で森林火災の影響拡大=健康被害に航空便運航停止も  【既報関連】法定アマゾンやカアチンガなど、ブラジル各地で違法な焼畑や延焼を含む森林火災(ケイマーダ)が急増(18日現在で昨年同期比82%増)し、健康被害や航空機などの運航停止といった影響も出ていると22、23日付現地紙、サイトが報じている。  森林火災の件数は20日 […]
  • サンパウロ市=またもVTに制限かかる=バス乗り継ぎ3時間2回まで2019年8月22日 サンパウロ市=またもVTに制限かかる=バス乗り継ぎ3時間2回まで  サンパウロ市の高等裁判所が19日、市の公共交通機関における、労働者の通勤手当(ヴァーレ・トランスポルテ、以下VT)を入金したビリェッテ・ウニコの使用に関する改定を禁ずる暫定令を解いた。同件の決定は二転三転を繰り返しており、市民の負担額が再び重くなると、同日付現地サイトなどが報 […]
  • サンパウロ州=サントス港の汚職摘発第2弾=元下議ら21人に逮捕令状2019年8月23日 サンパウロ州=サントス港の汚職摘発第2弾=元下議ら21人に逮捕令状  連邦警察と検察庁、国庫庁、国税庁が22日、サンパウロ州サントス港での汚職摘発の「トリトン作戦」第2弾を敢行し、元下議ら19人を逮捕したと同日付現地紙サイトが報じた。  「トリトン作戦」第1弾は18年10月に実施され、サンパウロ州埠頭公社(Codesp)の総裁、理事2 […]