ホーム | Free | 大耳小耳

大耳小耳

 日系三世初の弁護士となった照屋さんは、8歳の時に訪日。埼玉県川越市内で通学していた公立小学校では、ブラジル人子弟は照屋さんのみだった。「ブラジルでは祖父と日本語で会話をしていたけど、同世代との会話、学校で使用されるレベルの日本語は全然分からなかった。似た形の平仮名や同音異義語も多いしね」とくすりと笑う。授業についていけるようになったのは、小学校6年くらいになってからとか。こうしたハンデを背負いながら、難関と言える司法試験に合格するまでの道のりを聞くと、「自分は周囲の友人に恵まれた」「受験科目で重要となる英数の高校教師がたまたま熱心だった」「司法試験も勢いで合格した」と苦労を語らないが、その裏には血の滲むような努力があったはず。「実るほど頭を垂れる稲穂かな」との言葉があるが、照屋さんはまさにその言葉通りの人だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年3月6日 大耳小耳  5日付本面に掲載した「混乱するブラジル郵便事情=小包送る際は必ず納税番号記入=追跡番号を受取人に事前通知を」の記事中、「追跡番号が何か分からない」という読者からの問い合わせがあった。追跡番号とは、発送された商品が今どこにあるかなどを確かめられる番号のこと。日本の郵便局からEM […]
  • 大耳小耳2020年3月5日 大耳小耳  ブラジル宮城県人会(上利エジガール会長)は「青葉祭り」(青葉健康生活協会)を今年も、毎月第1、3土曜日午前7時から、同県人会会館(R. Fagundes, 152 - […]
  • 大耳小耳2020年3月3日 大耳小耳  2月18日付樹海コラム《県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を》に対する読者からの感想が送られてきた。サンパウロ州ポンペイア在住の須賀得司さんで、ありがたいことに《大いに共鳴、一筆参らす次第》とのこと。一世が日本語世界の中で主張した日本文化を、二世、三世がポルトガル語世 […]
  • 大耳小耳2020年2月28日 大耳小耳  一般財団法人・日伯協会(三野哲治理事長)が発行する会報『ブラジル』第986号が1月に発行された。中でも「ナショナリズムの表徴としてのカシャッサ」(田所清克京都外語大名誉教授)には感服。いわく《辞書や書物に当たると、実に700以上ものカシャサの同義語があることに驚かされる》とあ […]