ホーム | Free | 「考える力で人生が変わる」=幸福の科学、刊行講演会30日

「考える力で人生が変わる」=幸福の科学、刊行講演会30日

酒井さん、ガブリエル支部長、林原副支部長

酒井さん、ガブリエル支部長、林原副支部長

 宗教法人・幸福の科学ブラジル本部(村田健治本部長)は『THINK BIG! 未来を拓く挑戦者たち』(ポ語版)の刊行発表、講演会を30日、聖市内のニッケイパラセ・ホテルで開催する。午後2時、4時、6時の3回。ポ語のみ。

 大川隆法総裁の著書で、全世界で合計販売部数が1億冊を超えるベストセラー。考え方には力があり、それ次第で人生は変え得ることができるとし、新たな自助論、そして成功論を説く。

 一冊25レ。全176頁。当日は、聖南支部、ジュンジアイー支部を兼任するガブリエル・ピヴァ・ヴィオット支部長が、本書を題材に講演を行う。

 現在、信者は約5万人で、全伯に7つの支部を有する。出版事業を通じた布教活動に注力しており、年に約3冊出版されている。

 特に自己啓発本は人気が高く、ベストセラーとなっているのが『瞑想の極意』。同支部長は「ストレスを抱え、心に調和を求める人が瞑想に高い関心を持っている」と話す。当日は、その他書籍も販売される。

 来社した同支部長、林原信子副支部長、酒井憲司さんは「幸福の科学は寛容で、他宗教の信者にも門戸と開いていますので、是非ご参加下さい」と呼びかけた。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ