ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州で初の性転換警察官=女性としての配属から3年かけて男性に

サンパウロ州で初の性転換警察官=女性としての配属から3年かけて男性に

 サンパウロ州で、180年を超える同州の警察組織史上はじめて、性転換を遂げた軍警が誕生し、話題を呼んでいる。
 エマノエル・エンリケ・ルナルディ・フェレイラさん(24)は、2015年にサンパウロ州イトゥヴェラーヴァに女性軍警として配属された。当時の名前は「エマノエリー」だった。
 だが2016年、エマノエルさんは、精神的なカウンセリングを受け始める。それは自分の女性としての体が、自分の本来のものではないと思いはじめたためだ。10代の頃から、女性に恋心を抱いていたのでレズビアンだとは思っていたが、性同一性障害を疑うようになったのだ。
 エマノエルさんは翌2017年に男性の部署への配属変更を申し出た。だが、それがかなうのには1年以上かかった。それはサンパウロ州軍警では過去188年間、まるで前例がないことだったからだ。
 その間、エマノエルさんは「もしかしたら、性転換を望んでいることが理由で解雇されてしまうのではないか」という不安に駆られたという。
 だが、2017年からホルモン治療をうけはじめ、18年には乳房の切断手術も行った。
 その間、ホルモンの影響で、華奢だった体はかなり大柄でがっしりとした感じに変わり、配属時は長かった髪も丸刈りにするなど、外見上はすっかり男性に変わっていった。「性転換の過程を止めていたら、自分が望まないもの、生理なども抱えて生きていかなくてはならないところだった」とエマノエルさんは性を変える喜びを語っている。
 さらに、戸籍上の名前の変更も行った。名前は母親のレオニールさんのたっての希望で、「エマノエリー」の男性形である「エマノエル」となった。
 男性への戸籍変更は、最高裁で正式に承認された。これにより、卵巣除去などの肉体的な負担を伴わずに男性になることがかなったが、「将来的には女性器の変更も行いたい」とエマノエルさんは考えているという。
 エマノエルさんが念願の男性として軍警に登録されたのは、2018年8月だ。
 その後も、エマノエルさんは「性転換者」としてSNSで不寛容な批判を受けることがあるというが、大半の人が彼の決断を好意的にとらえているという。
 職場の同僚のセウソ・デ・オリヴェイラ軍曹は「彼自身がどう見られ、どう扱われたいのかを理解するのが大事だ。いつも、可能な限り、男性だと思って接しているよ」とのことだ。
 配属先のイトゥヴェラーヴァ市は人口4万人の小さな町で、今年に入ってからも、殺人事件は1件も起きていない。(18日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で2020年6月26日 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で  新型コロナウイルスで休校になっていた学校再開をめぐり、サンパウロ州は9月8日から段階的に再開との計画を、24日に発表した。24日付伯字サイトなどが報じている。  サンパウロ州政府が発表したところによると、授業再開は9月8日から。その頃までには州内のどの地域も、外出規制緩和の […]
  • 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任2020年5月23日 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任  かつて「ブラジルの恋人」とも呼ばれた有名女優で、鳴り物入りで連邦政府文化特別局長に就任したレジーナ・ドゥアルテ氏が20日、就任3カ月にも満たないまま退任した。20日付現地サイトが報じている。  レジーナ氏の退任(一部メディアの報道では解任)に関して、ボウソナロ大統領は「本人 […]
  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に2020年5月8日 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に  【既報関連】サンパウロ総合大学(USP)医学部がサンパウロ市内6地区の住民ボランティアに行っている、新型コロナウイルスの免疫検査が8日に終了すると7日付現地紙サイトが報じた。  この検査はサンパウロ市内のコロナ感染の実態を探るためのもので、4月17日現在で住民10万人あたり […]
  • サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」2020年5月14日 サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」  【既報関連】11日からサンパウロ市で始まった、ナンバープレートの末尾番号による乗り入れ規制(ロディージオ)が期待していたほどの効果を挙げていないと13日付現地紙、サイトが報じた。  11日から始まったロディージオでは、ナンバープレートの末尾番号が奇数なら奇数の日、偶数なら偶 […]