ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州で初の性転換警察官=女性としての配属から3年かけて男性に

サンパウロ州で初の性転換警察官=女性としての配属から3年かけて男性に

 サンパウロ州で、180年を超える同州の警察組織史上はじめて、性転換を遂げた軍警が誕生し、話題を呼んでいる。
 エマノエル・エンリケ・ルナルディ・フェレイラさん(24)は、2015年にサンパウロ州イトゥヴェラーヴァに女性軍警として配属された。当時の名前は「エマノエリー」だった。
 だが2016年、エマノエルさんは、精神的なカウンセリングを受け始める。それは自分の女性としての体が、自分の本来のものではないと思いはじめたためだ。10代の頃から、女性に恋心を抱いていたのでレズビアンだとは思っていたが、性同一性障害を疑うようになったのだ。
 エマノエルさんは翌2017年に男性の部署への配属変更を申し出た。だが、それがかなうのには1年以上かかった。それはサンパウロ州軍警では過去188年間、まるで前例がないことだったからだ。
 その間、エマノエルさんは「もしかしたら、性転換を望んでいることが理由で解雇されてしまうのではないか」という不安に駆られたという。
 だが、2017年からホルモン治療をうけはじめ、18年には乳房の切断手術も行った。
 その間、ホルモンの影響で、華奢だった体はかなり大柄でがっしりとした感じに変わり、配属時は長かった髪も丸刈りにするなど、外見上はすっかり男性に変わっていった。「性転換の過程を止めていたら、自分が望まないもの、生理なども抱えて生きていかなくてはならないところだった」とエマノエルさんは性を変える喜びを語っている。
 さらに、戸籍上の名前の変更も行った。名前は母親のレオニールさんのたっての希望で、「エマノエリー」の男性形である「エマノエル」となった。
 男性への戸籍変更は、最高裁で正式に承認された。これにより、卵巣除去などの肉体的な負担を伴わずに男性になることがかなったが、「将来的には女性器の変更も行いたい」とエマノエルさんは考えているという。
 エマノエルさんが念願の男性として軍警に登録されたのは、2018年8月だ。
 その後も、エマノエルさんは「性転換者」としてSNSで不寛容な批判を受けることがあるというが、大半の人が彼の決断を好意的にとらえているという。
 職場の同僚のセウソ・デ・オリヴェイラ軍曹は「彼自身がどう見られ、どう扱われたいのかを理解するのが大事だ。いつも、可能な限り、男性だと思って接しているよ」とのことだ。
 配属先のイトゥヴェラーヴァ市は人口4万人の小さな町で、今年に入ってからも、殺人事件は1件も起きていない。(18日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ