1

終活の悩みアンケート実施=専門家に質問したいことは?

 ニッケイ新聞では近年の終活意識の高まりに応え、紙面での情報提供を行うことを決めた。取材活動の一環として今後、本面下の広告欄に「終活に関する悩み応募用紙」を掲載し、読者から専門家へ質問したい終活の悩みを募集する。
 終活とは、「自らの人生の終幕を納得いくものにするため、来たる病や死を見つめ、心の準備をする事、終末期医療や葬儀に自分自身の意志がしっかりと反映されるよう事前に手配を行う事」を指す。
 終活はNHKなどでも取り上げられ、高齢移住者を中心に注目を集めているが、その一方で、日伯間の言葉や習慣の違いから、納得のいく終活が出来ていないという声もある。
 終活の悩みは、書面と電話で受け付けるが、混乱を避けるため、下記要領を順守のこと。
 書面の場合:応募用紙に解答を記入の上、弊紙編集部(住所:RUA DA GLORIA, 332 – LIBERDADE CEP 01510-000 – SAO PAULO – SP – BRASIL)に送付。自由記入枠が足りない場合は、その他用紙に記入したものを同封する。
 電話の場合:毎週水曜日午後2時から4時の間に編集部の終活担当・石川(11・3340・6060)まで連絡すること。