ホーム | Free | 菊池さん、日系社会の展望語る=コロニア今昔物語、28日

菊池さん、日系社会の展望語る=コロニア今昔物語、28日

講師を務める菊地義治さん

 サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)による、日系社会やブラジル社会に貢献した日系人の記録を掘り起こす「コロニア今昔物語」が、今月28日午後6時半から文協ビル5階県連会議室(Rua Sao Joaquim, 381)で行なわれる。入場無料。
 第21回目のテーマは「これからの日系コミュニティについて―その展望と提言」。サンパウロ日伯援護協会評議員会長、日本移民110周年記念祭典委員会実行委員長の菊地義治氏を招き、コロニアの今後について語ってもらう。
 菊地さんは18年に行われたブラジル日本移民110周年を見事成功に導いた功労者。また、岩手県人会、援協をはじめとした日系団体で活躍し、高い資金調達力や実行力を持つ。信心深く宗教活動にも熱心なことでも知られている。
 講演では110周年を振り返りつつ、戦後移民としての経験を含めながら、今後の日系社会のあり方と未来への展望を語ってもらう。

坂口律子さん

坂口律子さん

 来社した坂口律子さんは「500近くの日系団体を調査し、まだまだ活性化の余地があると知った。彼らに送るメッセージとして、菊地さんが実績を出せた理由を話してもらい、他の日系団体もそれを再現できれば活性化に繋がるのでは」と語る。
 問い合わせは人文研(11・3277・8616/午後2~6時)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ