ホーム | Free | 菊地さん、日系社会の展望語る=コロニア今昔物語、28日

菊地さん、日系社会の展望語る=コロニア今昔物語、28日

講師を務める菊地義治さん

 サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)による、日系社会やブラジル社会に貢献した日系人の記録を掘り起こす「コロニア今昔物語」が、今月28日午後6時半から文協ビル5階県連会議室(Rua Sao Joaquim, 381)で行なわれる。入場無料。
 第21回目のテーマは「これからの日系コミュニティについて―その展望と提言」。サンパウロ日伯援護協会評議員会長、日本移民110周年記念祭典委員会実行委員長の菊地義治氏を招き、コロニアの今後について語ってもらう。
 菊地さんは18年に行われたブラジル日本移民110周年を見事成功に導いた功労者。また、岩手県人会、援協をはじめとした日系団体で活躍し、高い資金調達力や実行力を持つ。信心深く宗教活動にも熱心なことでも知られている。
 講演では110周年を振り返りつつ、戦後移民としての経験を含めながら、今後の日系社会のあり方と未来への展望を語ってもらう。

坂口律子さん

坂口律子さん

 来社した坂口律子さんは「500近くの日系団体を調査し、まだまだ活性化の余地があると知った。彼らに送るメッセージとして、菊地さんが実績を出せた理由を話してもらい、他の日系団体もそれを再現できれば活性化に繋がるのでは」と語る。
 問い合わせは人文研(11・3277・8616/午後2~6時)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「花の歌謡祭」いよいよ4日=人気曲ばかり、新趣向も2019年8月3日 「花の歌謡祭」いよいよ4日=人気曲ばかり、新趣向も  本紙読者のリクエスト曲がたくさん選ばれた人気曲ばかりの「花の歌謡祭」が、いよいよ4日(日)に迫った。「ありがとう昭和・平成、今日は希望あふれる令和」をテーマに、ブラジル日本アマチュア歌謡連盟(INB、北川ジューリア好美会長)と藤瀬圭子プロダクションが共催するもので、午 […]
  • 援協のお見合い会15日=ダンスや歓談楽しみながら2019年6月7日 援協のお見合い会15日=ダンスや歓談楽しみながら  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)の福祉部は「第57回お見合い会」を15日午後1時から5時まで、援協本部ビル5階神内ホール(Rua Fagundes, 121, 5º andar, […]
  • エスペランサ婦人会慈善バザー=人気の料理提供、5月5日2019年4月25日 エスペランサ婦人会慈善バザー=人気の料理提供、5月5日  エスペランサ婦人会(倉持恵美子会長)は伝統の「第68回慈善バザー」を5月5日午前9時より午後5時まで、ブラジル日本文化福祉協会ビルの大ホール(Rua São Joaquim, 381, […]
  • ダリア祭り=南米唯一で3800株が満開=3千人来場、10日も開催2019年3月8日 ダリア祭り=南米唯一で3800株が満開=3千人来場、10日も開催  サンパウロ日伯援護協会傘下の老人養護施設スザノイペランジアホーム(三島勝彦施設長)は3日、『第25回ダリア祭り』をスザノ市の同ホームにて開催した。同ホーム自慢の南米唯一のダリア園には85種、3800株ものダリアが植えられており、色とりどり満開の花を咲かせている。   […]
  • 援協創立60周年盛大に祝う=32人から2千人超に発展=伯国全体の医療福祉に貢献2019年8月20日 援協創立60周年盛大に祝う=32人から2千人超に発展=伯国全体の医療福祉に貢献  60年前に32人から始まったサンパウロ日伯援護協会(与儀上原昭雄会長)は、今では2千人を擁すコロニア最大の組織に成長した。そんな援協は創立60周年記念式典を12日夜、聖市議会で執り行った。歴代の援協役員、日系団体代表者、野村アウレリオ聖市議、日本国際協力財団(秋山進理 […]