ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル・ミナス州》鉱山の北側斜面一部崩落=1・5キロ離れたダムは影響なし

《ブラジル・ミナス州》鉱山の北側斜面一部崩落=1・5キロ離れたダムは影響なし

 【既報関連】鉱山会社Valeはミナス州バロン・デ・コカイス市のゴンゴ・ソコ鉱山の北側斜面の一部が、5月31日未明に崩れたと発表した。同日付現地サイトが報じている。
 同鉱山から1・5キロの距離には鉱滓ダム、スル・スペリオルがあり、斜面の崩壊がダムの安全性を脅かす可能性が指摘されていたが、州防災局は、5月31日未明の崩壊がスル・スペリオルの構造に損傷を与えた兆候はないとしている。
 州防災局のマルコス・ペレイラ少佐は、「北斜面の底の部分のごく一部がすべり落ちただけで、構造に大きな変化を引き起こさず、警報サイレンを作動させる必要さえない。『現場周辺の安全性を危険にさらすものではない』というのが妥当な判断」と語った。
 Valeは声明の中で、「今朝崩れ落ちた斜面の土砂は採掘口の底に沈んだ」と発表した。同社はまた、斜面の崩壊は段階的で、一度に大部分が崩れ、近くに大きな衝撃や振動を引き起こす可能性は少ないとした。
 また、スル・スペリオルダムに関しても、「鉱山と、そこから1・5キロ離れたスル・スペリオルダムは、レーダーを使ってミリ単位のずれを検出できる自動観測システムと無人機を併用し、24時間体制で監視している。ダムは3月22日以来、危険度3と測定され、危険区域の住民は既に避難している」とし、地元当局とバロン・デ・コカイスの住民たちに、常に最新の情報を届けていることも明らかにした。
 ミナス州検察局は5月16日の時点で、「5月25日までに斜面が崩れる可能性がある」と指摘。同州の環境・持続可能な開発局は、鉱滓がドセ川に流れる危険性も指摘していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ごみ発電所が操業=メタンガス利用で環境保護 サンパウロ市2004年2月3日 ごみ発電所が操業=メタンガス利用で環境保護 サンパウロ市 2月3日(火)  約七千トンのゴミから放出されるガスを利用して、サンパウロ州マリーリア市の人口に相当する約二十万人分の電力を生みだすブラジル初の〃ゴミ発電所〃が、一月二十三日から運営を始めた。 […]
  • ペルナンブコ=6日間で小頭症児3人死亡=視覚障害なども懸念される2015年12月19日 ペルナンブコ=6日間で小頭症児3人死亡=視覚障害なども懸念される  全国で最も小頭症の事例が多いペルナンブコ州で、6日間に3人の小頭症児が死亡していた事が確認されたと18日付エスタード紙が報じた。 小頭症は北東伯を中心に流行状態となっているが、同州での小頭症児の死亡確認は初めてだ。 同州保健局によると、11日と16日にレシフェとその近郊のロウ […]
  • 佐藤さん同航会呼びかけ=戦前最期ぶえのすあいれす丸2011年7月29日 佐藤さん同航会呼びかけ=戦前最期ぶえのすあいれす丸 ニッケイ新聞 2011年7月29日付け  戦前最後の移民船、1941年8月12日サントス着のぶえのすあいれす丸の同航会を、森広雅夫さん(80、岡山)が呼びかけている。これには、佐藤實郎さんも乗り組んでいたようだ。 […]
  • 基礎食料品セット=23州の州都で価格低下=1年で1割以上下がった都市も2017年7月7日 基礎食料品セット=23州の州都で価格低下=1年で1割以上下がった都市も  ブラジルでは、生活基本物資の価格の変動を見るため、「セスタ・バジカ」と呼ばれる基礎食料品セットの価格を定期的にチェックする。  労組間社会経済調査・統計所(Dieese)によると、6月はブラジリアを含む27州都中、23州の州都でセスタ・バジカの値段が下がった。価格が […]
  • 米国が野球指導者を招待=北東伯から日系9人が訪米2016年10月8日 米国が野球指導者を招待=北東伯から日系9人が訪米  在ベレン米国領事館の支援を受け、米国務省主催の『青少年野球育成プログラム ブラジル一カ国プロジェクト』が、先月18日から10日間、米国で行われ、北東伯各州から文協の野球指導者ら9人が招待された。  日系人が多く居住するサンパウロ州やパラナ州と比較して、ほとんど野球が浸透 […]