ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル・ミナス州》鉱山の北側斜面一部崩落=1・5キロ離れたダムは影響なし

《ブラジル・ミナス州》鉱山の北側斜面一部崩落=1・5キロ離れたダムは影響なし

 【既報関連】鉱山会社Valeはミナス州バロン・デ・コカイス市のゴンゴ・ソコ鉱山の北側斜面の一部が、5月31日未明に崩れたと発表した。同日付現地サイトが報じている。
 同鉱山から1・5キロの距離には鉱滓ダム、スル・スペリオルがあり、斜面の崩壊がダムの安全性を脅かす可能性が指摘されていたが、州防災局は、5月31日未明の崩壊がスル・スペリオルの構造に損傷を与えた兆候はないとしている。
 州防災局のマルコス・ペレイラ少佐は、「北斜面の底の部分のごく一部がすべり落ちただけで、構造に大きな変化を引き起こさず、警報サイレンを作動させる必要さえない。『現場周辺の安全性を危険にさらすものではない』というのが妥当な判断」と語った。
 Valeは声明の中で、「今朝崩れ落ちた斜面の土砂は採掘口の底に沈んだ」と発表した。同社はまた、斜面の崩壊は段階的で、一度に大部分が崩れ、近くに大きな衝撃や振動を引き起こす可能性は少ないとした。
 また、スル・スペリオルダムに関しても、「鉱山と、そこから1・5キロ離れたスル・スペリオルダムは、レーダーを使ってミリ単位のずれを検出できる自動観測システムと無人機を併用し、24時間体制で監視している。ダムは3月22日以来、危険度3と測定され、危険区域の住民は既に避難している」とし、地元当局とバロン・デ・コカイスの住民たちに、常に最新の情報を届けていることも明らかにした。
 ミナス州検察局は5月16日の時点で、「5月25日までに斜面が崩れる可能性がある」と指摘。同州の環境・持続可能な開発局は、鉱滓がドセ川に流れる危険性も指摘していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナ感染=感染者234人、擬似症2千人超=各州が封じ込め作戦を発表2020年3月17日 《ブラジル》コロナ感染=感染者234人、擬似症2千人超=各州が封じ込め作戦を発表  【既報関連】2月26日に国内初の新型コロナウイルスへの感染者が確認されて以来、16日で20日が過ぎたが、感染拡大は止まらず、対策本部を設置したりして、具体的な対策を検討、発表する州が出始めたと14~16日付現地紙、サイトが報じている。  サンパウロ州やリオ州では12日頃から […]
  • コロナウイルス=マイアミ市長の感染判明=4日前にボウソナロ氏らと接触2020年3月14日 コロナウイルス=マイアミ市長の感染判明=4日前にボウソナロ氏らと接触  13日、米国フロリダ州マイアミのフランシス・スアレス市長がコロナウイルスに感染していることが明らかになった。同市長は、ボウソナロ大統領の訪米団に会っている。13日付ブラジル国内紙サイトなどが報じている。  スアレス市長は現地時間の13日午前、マイアミ・ヘラルド紙の取材に対し […]
  • 《コロナショック》南米諸国も続々と国境閉鎖=自主的隔離を呼びかける国も2020年3月17日 《コロナショック》南米諸国も続々と国境閉鎖=自主的隔離を呼びかける国も  【既報関連】中国や韓国、日本などのアジア諸国、イタリアやフランス、スペインなどに比べると感染ペースの遅いラテン・アメリカ諸国だが、その分、国境閉鎖などの思い切った措置を早めに取り始めていると、16日付ブラジル紙・サイトが報じた。  アルゼンチンのアルベルト・フェルナンデス大 […]
  • 《ブラジル》コロナウイルスの感染者急増の可能性=感染経路不明例来週から?2020年3月13日 《ブラジル》コロナウイルスの感染者急増の可能性=感染経路不明例来週から?  エンリケ・マンデッタ保健相が11日、今後5カ月位は新型コロナウイルスの感染者が急増する可能性を示唆したと11~2日付現地紙、サイトが報じた。  同日午後5時発表の感染者は52人だったが、午後9時半には69人に増え、前日発表の34人の倍になった。  患者急増の要因の一つは、 […]
  • コロナ禍がブラジル有名人にも=ロック歌手のディ・フェレーロら2020年3月14日 コロナ禍がブラジル有名人にも=ロック歌手のディ・フェレーロら  罹患者が100人を超え、大統領の訪米に同行した政府関係者にまで陽性反応が出たことで、ブラジルにおけるコロナウイルス・ショックが深刻度を増しているが、国内の有名人にも罹患者が発生している。  感染が確認されたのはロック歌手のディ・フェレーロだ。甘いマスクが売りもので、2000 […]