ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル・ミナス州》鉱山の北側斜面一部崩落=1・5キロ離れたダムは影響なし

《ブラジル・ミナス州》鉱山の北側斜面一部崩落=1・5キロ離れたダムは影響なし

 【既報関連】鉱山会社Valeはミナス州バロン・デ・コカイス市のゴンゴ・ソコ鉱山の北側斜面の一部が、5月31日未明に崩れたと発表した。同日付現地サイトが報じている。
 同鉱山から1・5キロの距離には鉱滓ダム、スル・スペリオルがあり、斜面の崩壊がダムの安全性を脅かす可能性が指摘されていたが、州防災局は、5月31日未明の崩壊がスル・スペリオルの構造に損傷を与えた兆候はないとしている。
 州防災局のマルコス・ペレイラ少佐は、「北斜面の底の部分のごく一部がすべり落ちただけで、構造に大きな変化を引き起こさず、警報サイレンを作動させる必要さえない。『現場周辺の安全性を危険にさらすものではない』というのが妥当な判断」と語った。
 Valeは声明の中で、「今朝崩れ落ちた斜面の土砂は採掘口の底に沈んだ」と発表した。同社はまた、斜面の崩壊は段階的で、一度に大部分が崩れ、近くに大きな衝撃や振動を引き起こす可能性は少ないとした。
 また、スル・スペリオルダムに関しても、「鉱山と、そこから1・5キロ離れたスル・スペリオルダムは、レーダーを使ってミリ単位のずれを検出できる自動観測システムと無人機を併用し、24時間体制で監視している。ダムは3月22日以来、危険度3と測定され、危険区域の住民は既に避難している」とし、地元当局とバロン・デ・コカイスの住民たちに、常に最新の情報を届けていることも明らかにした。
 ミナス州検察局は5月16日の時点で、「5月25日までに斜面が崩れる可能性がある」と指摘。同州の環境・持続可能な開発局は、鉱滓がドセ川に流れる危険性も指摘していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ市=チリ人観光客、刃物で襲われる=コパカバーナの海岸を散歩中2019年8月3日 リオ市=チリ人観光客、刃物で襲われる=コパカバーナの海岸を散歩中  リオ市南部のコパカバーナで1日夜、チリ人観光客が刃物を持った男に襲われ、ケガをするという事件が起きた。  被害者の名前などは公開されていないが、夜10時頃、恋人と海岸を散歩していたところ、パウラ・フレイタス街に入ったところで、行商人らしき男に行く手を塞がれたという。  被 […]
  • リオ市=路上生活者が死傷事件起こす=2人が死亡、負傷者も5人2019年7月31日 リオ市=路上生活者が死傷事件起こす=2人が死亡、負傷者も5人  リオ市南部のラゴア区で28日、路上生活者が錯乱状態に陥り、停車中の車の運転手ら3人を刃物で刺すという事件が起きた。  目撃証言によると、プラシド・コレア・デ・モウラ容疑者(44)は、事件当時、精神に異常をきたし、意味不明な言葉を叫んでいたという。  防犯カメラの映像による […]
  • 《ブラジル》先住民保護区の開発に86%が反対=政府は着々と開発促進の準備中2019年8月3日 《ブラジル》先住民保護区の開発に86%が反対=政府は着々と開発促進の準備中  ダッタ・フォーリャが7月4~6日に国内168市在住者、計2088人を対象に行った調査で、「先住民(インジオ)保護区の開発のために鉱物採掘会社が保護区内に入ることを政府は認めるべきか」との設問に、86%が「全く同意しない」、7%が「一部同意する」、7%が「完全に同意する」と答え […]
  • 《ブラジル》環境活動家殺害数が減少=それでも世界で4位の多さ2019年7月31日 《ブラジル》環境活動家殺害数が減少=それでも世界で4位の多さ  国際的な非政府団体(NGO)のグローバル・ウィットネスが30日、18年にブラジルで殺された環境活動家は20人で、世界で4番目に多かったと発表したと同日付ブラジル国内紙サイトが報じた。  同NGOによると、鉱物採掘や木材伐採、牧畜なども含む農産物加工業拡大などに対抗し、土地や […]
  • ブラジル国内で医療用大麻の栽培解禁なるか=既に国内外20社が興味2019年7月31日 ブラジル国内で医療用大麻の栽培解禁なるか=既に国内外20社が興味  医療用大麻の栽培解禁に関する公聴会も終了まであと1カ月を切ったタイミングで、既にブラジル内外の20社が、国家衛生監督庁(Anvisa)に対して、大麻栽培に関心があることを示していると、30日付ブラジル紙が報じた。  ブラジル紙によると、カナダ、米国、イスラエルの企業が特に熱 […]