ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル・ミナス州》鉱山の北側斜面一部崩落=1・5キロ離れたダムは影響なし

《ブラジル・ミナス州》鉱山の北側斜面一部崩落=1・5キロ離れたダムは影響なし

 【既報関連】鉱山会社Valeはミナス州バロン・デ・コカイス市のゴンゴ・ソコ鉱山の北側斜面の一部が、5月31日未明に崩れたと発表した。同日付現地サイトが報じている。
 同鉱山から1・5キロの距離には鉱滓ダム、スル・スペリオルがあり、斜面の崩壊がダムの安全性を脅かす可能性が指摘されていたが、州防災局は、5月31日未明の崩壊がスル・スペリオルの構造に損傷を与えた兆候はないとしている。
 州防災局のマルコス・ペレイラ少佐は、「北斜面の底の部分のごく一部がすべり落ちただけで、構造に大きな変化を引き起こさず、警報サイレンを作動させる必要さえない。『現場周辺の安全性を危険にさらすものではない』というのが妥当な判断」と語った。
 Valeは声明の中で、「今朝崩れ落ちた斜面の土砂は採掘口の底に沈んだ」と発表した。同社はまた、斜面の崩壊は段階的で、一度に大部分が崩れ、近くに大きな衝撃や振動を引き起こす可能性は少ないとした。
 また、スル・スペリオルダムに関しても、「鉱山と、そこから1・5キロ離れたスル・スペリオルダムは、レーダーを使ってミリ単位のずれを検出できる自動観測システムと無人機を併用し、24時間体制で監視している。ダムは3月22日以来、危険度3と測定され、危険区域の住民は既に避難している」とし、地元当局とバロン・デ・コカイスの住民たちに、常に最新の情報を届けていることも明らかにした。
 ミナス州検察局は5月16日の時点で、「5月25日までに斜面が崩れる可能性がある」と指摘。同州の環境・持続可能な開発局は、鉱滓がドセ川に流れる危険性も指摘していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「人生のかけっこ」テーマに=松柏・大志万が運動会=16日2009年5月12日 「人生のかけっこ」テーマに=松柏・大志万が運動会=16日 ニッケイ新聞 2009年5月12日付け  松柏・大志万学院は十六日午前八時から午後五時まで、ジアデマ市の沖縄文化センター運動場(Av.7 de setembro,1670)で〇九年度運動会を催す。 […]
  • 大耳小耳2015年4月21日 大耳小耳  百貨店「そごう」「西武」の7店舗が5月11日まで、ブラジルフェア「オイ! ブラジル2015~この夏、サンパウロに恋して~」を開催している。ブラジル発の服飾や食品などに焦点を当て記念雑貨、企画展もあるよう。サイト(www. sogo-seibu.jp/brasil […]
  • 「ツイてる滑り出し」はどこまで続く?2019年1月18日 「ツイてる滑り出し」はどこまで続く?  ボウソナロ氏の大統領就任から2週間が過ぎた。この間は、同氏の政治家人生の中でも最高の2週間だったのではないかと思われる▼ひとつは、年が明けてから続くドル安と株価の上昇だ。これには「左派でない大統領がついた」という市場の安堵感があることと、パウロ・ゲデス経済相が打ち出し […]
  • 苦悩深めるルーラ大統領=改革計画進まず=横柄な要求、圧力渦巻く2003年3月7日 苦悩深めるルーラ大統領=改革計画進まず=横柄な要求、圧力渦巻く 3月7日(金)  【エスタード・デ・サンパウロ紙二日】大統領に就任して丸二カ月、招待されたらエネルギッシュにどこへでも出掛けたルーラ大統領は一日、全ての招待を断りグランジャ・トルトの大統領別邸に休養のため引きこもった。早朝八時から夜十時までの強行日程と中央集権的な政治 […]
  • マルフはハダジに悪影響=PT支持者の64%が反対2012年6月28日 マルフはハダジに悪影響=PT支持者の64%が反対 ニッケイ新聞 2012年6月28日付け  ダッタフォーリャが26日に発表した世論調査の結果によると、労働者党(PT)支持者の64%がサンパウロ市市長選での進歩党(PP)との同盟に良い感情を抱いていないと27日付フォーリャ紙が報じた。 […]