ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》国営銀行が不動産ローンの金利下げる=債務再交渉もあわせて発表=住宅市場は盛り返しの傾向

《ブラジル》国営銀行が不動産ローンの金利下げる=債務再交渉もあわせて発表=住宅市場は盛り返しの傾向

CAIXAの動きに他の銀行は続くか? (参考画像・Luci Correia/Flickr)

CAIXAの動きに他の銀行は続くか? (参考画像・Luci Correia/Flickr)

 連邦貯蓄銀行(CAIXA)は5日、週明けの10日から不動産ローンの金利を引き下げることを発表した。また、今年第1四半期の住宅市場は購入件数も新規販売件数も昨年同期を上回っていると、3、6日付現地各紙・サイトが報じた。
 
 CAIXAによると、150万レアル未満の不動産を買う際の住宅金融システム(SFH)`の融資の場合は、8・75%+参考金利(TR、現在は実質ゼロ)のところが、0・25%ポイント下がり、8・5%+TRになる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ