ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市でバスに対する苦情が急増しているという。市内を走行するバスを管轄するSPトランスによると、1月から4月のバスに関する苦情は、昨年同期と比べて18・4%増えているという。また、最も苦情が多い20路線のうち、13路線が南部、7路線が東部にあり、14路線はCPTMの駅からセントロへとつながるものだったという。とりわけ、サンカエターノ~ショッピング・メトロ・タトゥアペ間の575A/10線が苦情数68で断然トップだった。苦情として最も多かったのが「バスの到着間隔のいい加減さ」で、「運転手が乗り降りするバス停無視」「乗務員の接客態度の悪さ」と続いている。改善はされるか。
     ◎
 サンパウロ州プライア・グランデのノッサ・セニョーラ・ダス・グラッサ教会に4日、強盗が入り、その場にいたジョセフ・トーマス神父と給仕の女性を縛り、金銭や神父の所持品を盗んで逃げた。この事件は、同日朝のミサ終了直後に起こったという。盗まれた金のうち6千レアルは、その教会で行う6月祭(フェスタ・ジュニーナ)のために使われる予定だった。奪われた金が戻るのがベストだが、フェスタが開かれることを願いたい。
     ◎
 昨日付本欄で報じた、サンパウロ大都市圏カラピクイーバの州立校生徒(12~15歳)が授業中に教師に椅子などを投げつけて補導された件だが、補導されたままだった生徒3人は5日、サンパウロ市ブラスにある少年院に送られた。同院への収監は45日間の予定だという。また、同市検察局は、先に保釈された7人の生徒についても少年院行きを望んでいるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■セルジオ・リカルド死去■ボサノバや映画音楽に貢献2020年7月24日 ■セルジオ・リカルド死去■ボサノバや映画音楽に貢献  ボサノバや映画のシネマ・ノーヴォに貢献したことで知られる歌手、作曲家のセルジオ・リカルドが23日、入院先のリオの病院で亡くなった。88歳だった。  1932年にサンパウロ州内陸部マリリアで生まれたセルジオは8歳から音楽を学びはじめ、1950年にリオに移り音楽活動を開 […]
  • 東西南北2020年6月9日 東西南北  ボルソナロ大統領に強い影響力を持つ極右思想家オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏が7日未明に突如、大統領を批判するツイートを流した。同氏は以前から「大統領が自分を擁護してくれない」と不満を述べており、「政権を倒す」とまで書き、騒然となった。だが、同日夜には「大統領を100%信頼す […]
  • コロナ=サンベルナルド市長が入院=45歳のモランド氏UTIに2020年3月31日 コロナ=サンベルナルド市長が入院=45歳のモランド氏UTIに  サンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポのオルランド・モランド市長(民主社会党・PSDB)が新型コロナウイルスに感染した上、体調が悪化して集中治療室(UTI)に入院したことが明らかになった。29日付現地サイトが報じている。   サンベルナルド市役所によると、モランド市長 […]
  • また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説2020年3月20日 また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説  先週末からのブラジル政界の展開があまりにも怒涛で、早くも忘れられがちであるが、14日午前、グスターヴォ・ベビアーノ氏が心臓発作で急死した。  死は自宅で突如襲われ、同氏の息子の眼の前で亡くなったと言うが、これをめぐり、「本当に自然死なのか」と怪しむ声が少なくなかった […]
  • ■訃報■豊田ルミさん2020年3月12日 ■訃報■豊田ルミさん  サンパウロ州サンカエターノ市在住で、ブラジル愛知県人会の元会長、元愛知県費留学生の豊田(とよだ)ルミさんが、10日午後11時にマリア・ブライド病院で亡くなった。  死因は胆のうがんで、1カ月程前から入院していた。癌が進行し手術を行うことも難しい状態だったという。享年 […]