ホーム | 特集 | 日本移民の日2019年 | 【日本移民の日2019】「日本移民の日」を祝して=外務大臣 河野太郎

【日本移民の日2019】「日本移民の日」を祝して=外務大臣 河野太郎

河野外務大臣(外務省提供)

河野外務大臣(外務省提供)

 ブラジルにおいて,「日本移民の日」を迎えるに当たり,日本人移住者,日系人の皆様に心からお祝い申し上げます。
 今から111年前,日本から初めての移住者の方々がサンパウロのサントス港に到着されました。日本から遠く離れた地において困難の中で自らの道を切り拓かれた日本人移住者とその子孫の方々の艱難辛苦を思うとともに,その精神を受け継いだ世代の皆様がブラジル社会の発展に尽力されている姿に心から敬意を表します。
 本年5月23日に,フランス・パリで,アラウージョ外相と会談し,日本とブラジルが普遍的価値を共有する戦略的グローバル・パートナーとして国際場裏で協力していくことを確認しました。両国の協力関係は,日系社会の皆様がブラジルで培ってきた信頼と敬意を礎としており,日系社会の皆様に深く感謝申し上げます。1月に誕生したボルソナーロ政権ともその関係強化に一層尽力してまいります。
 昨年は,日本人移住110周年の記念式典がブラジル各地で執り行われました。眞子内親王殿下は,5州14都市を訪問され,皆様から熱烈な歓迎をお受けになられたと伺っております。御訪問の成功に御尽力いただいた現地日系社会,そしてブラジルの皆様の御協力に感謝すると同時に,「令和」という新時代においても引き続きの御協力をお願い申し上げます。
 昨年5月には,世界最大の日系社会を擁するブラジルのサンパウロを初めて訪問する機会に恵まれました。そこで皆様が日本とブラジルの「架け橋」として尽力されているのを改めて認識し,また,若手の日系人の方々の御活躍を目の当たりにいたしました。外務省としては,若手日系人との関係強化を含めた日系社会との連携強化策を一層推進しているところです。
 また,約20万人の在日ブラジル日系社会との関係強化にも取り組んでまいります。入管法の改正とともに在日ブラジル日系社会ができて30年が経とうとする中,日本で地域社会に貢献する在日ブラジル日系人の方々がますます御活躍されることを期待しております。
 最後に,日本人移住者と日系人の皆様の御多幸と御繁栄を心から願って,私の祝辞といたします。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに2021年1月16日 《サンパウロ州》外出自粛規制が7地区で降格・厳格化=マリリアは最低レベルに  15日、サンパウロ州保健局が前回から1週間という異例の早さでコロナウイルスの外出自粛規制の見直しを行い、1地区が5段階中最下位の赤レベル、7地区が下から2番目のオレンジ・レベルに落ちて厳しくなった。大サンパウロ市圏は変わらず黄レベル(3番目)だった。15日付現地サイト […]
  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]
  • 東西南北2021年1月13日 東西南北  サンパウロ市ブタンタン研究所が8日に国家衛生監督庁(ANVISA)に緊急使用許可申請をした。これで、新型コロナウイルスのワクチン「コロナバック」の接種が、サンパウロ州が予定しているように1月25日から開始されることが現実味を帯びてきている。そんな中、「誰が最初にコロナバックの […]
  • 篤志家の内村さんに感謝状=長年寄付を貰った援協から2021年1月13日 篤志家の内村さんに感謝状=長年寄付を貰った援協から  サンパウロ日伯援護協会(当時は与儀昭雄会長)の旧年最後の定例役員会が12月17日に開かれ、評議員をつとめながら資金や物資、アパートの寄付などを長年行ってきた内村俊一さん(熊本県出身、85)に感謝状が授与された。  同定例役員会の寄付報告では11月だけでも福祉部・サン […]