ホーム | 特集 | 日本移民の日2019年 | 【日本移民の日2019】「日本移民の日」を祝して=外務大臣 河野太郎

【日本移民の日2019】「日本移民の日」を祝して=外務大臣 河野太郎

河野外務大臣(外務省提供)

河野外務大臣(外務省提供)

 ブラジルにおいて,「日本移民の日」を迎えるに当たり,日本人移住者,日系人の皆様に心からお祝い申し上げます。
 今から111年前,日本から初めての移住者の方々がサンパウロのサントス港に到着されました。日本から遠く離れた地において困難の中で自らの道を切り拓かれた日本人移住者とその子孫の方々の艱難辛苦を思うとともに,その精神を受け継いだ世代の皆様がブラジル社会の発展に尽力されている姿に心から敬意を表します。
 本年5月23日に,フランス・パリで,アラウージョ外相と会談し,日本とブラジルが普遍的価値を共有する戦略的グローバル・パートナーとして国際場裏で協力していくことを確認しました。両国の協力関係は,日系社会の皆様がブラジルで培ってきた信頼と敬意を礎としており,日系社会の皆様に深く感謝申し上げます。1月に誕生したボルソナーロ政権ともその関係強化に一層尽力してまいります。
 昨年は,日本人移住110周年の記念式典がブラジル各地で執り行われました。眞子内親王殿下は,5州14都市を訪問され,皆様から熱烈な歓迎をお受けになられたと伺っております。御訪問の成功に御尽力いただいた現地日系社会,そしてブラジルの皆様の御協力に感謝すると同時に,「令和」という新時代においても引き続きの御協力をお願い申し上げます。
 昨年5月には,世界最大の日系社会を擁するブラジルのサンパウロを初めて訪問する機会に恵まれました。そこで皆様が日本とブラジルの「架け橋」として尽力されているのを改めて認識し,また,若手の日系人の方々の御活躍を目の当たりにいたしました。外務省としては,若手日系人との関係強化を含めた日系社会との連携強化策を一層推進しているところです。
 また,約20万人の在日ブラジル日系社会との関係強化にも取り組んでまいります。入管法の改正とともに在日ブラジル日系社会ができて30年が経とうとする中,日本で地域社会に貢献する在日ブラジル日系人の方々がますます御活躍されることを期待しております。
 最後に,日本人移住者と日系人の皆様の御多幸と御繁栄を心から願って,私の祝辞といたします。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄2021年6月22日 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄  ブラジル日本移民113周年記念は歓喜を味わい、過去を振り返る時ではないでしょうか! 「歓喜を味わうとは」――日本移民の経済、農業、園芸、果実、セラード開発、料理、各分野で活躍する有能な人材、さらに、その歴史の継承などはブラジル社会に認められ、高く評価されています。 「振り […]
  • 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2021年6月19日 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  6月18日「日本移民の日」を迎えるにあたり、皆様にご挨拶を申し上げます。1908年に笠戸丸がサントス港に到着してから今年で113年となります。  昨年8月に着任した私にとっては今回が初めての移民の日となります。先日、サンパウロにあるブラジル日本移民史料館を訪問し、レ […]
  • 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七2021年6月19日 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七  1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がサントス港に上陸して113年の歳月が流れました。そして今や、ブラジル日系社会は200万人を擁する大きなコミュニティーに発展いたしました。先達の皆様方の幾多のご労苦とご功績に対し、深甚なる感謝の念と敬意を […]