ホーム | 特集 | 日本移民の日2019年 | 【日本移民の日2019】移民の日に寄せて=ブラジル日本都道府県人会連合会 会長 山田 康夫

【日本移民の日2019】移民の日に寄せて=ブラジル日本都道府県人会連合会 会長 山田 康夫

山田県連会長

山田県連会長

 笠戸丸移民に始まる日本移民の歴史も111周年を迎え、日本人の数は年を追うごとに減少しておりますが、私どもの子孫であります二世、三世、四世、五世、そして六世でも成人に達した人がいるのではないかと思います。
 毎年、6月18日の『ブラジル日本移民の日』にイビラプエラのブラジル日本移民開拓先没者慰霊碑で法要が行われており、ブラジル日本文化福祉協会では先亡者追悼法要が行われます。
 また、ブラジル各地の日系人集団地でも行われているのではと思います。この慰霊法要は、ブラジルの日本人、日系人にとって鎮魂の日であり、この日を忘れることは出来ません。
 思えばブラジル日本移民111年の歴史は、決して平坦な年月であったわけではありません。
 戦前、戦後を通じて、このブラジルの大地で波瀾に富んだ過去を持つ、私たちの歴史でありますが、いまや190万を超える日系人は、この国の各層に深く溶け込み、ブラジル国発展のために広く活躍するに至っております。
 また、ブラジルから四世のビザ発給が可能となり、これからさらに増えるのではないかと思います。出稼ぎといった形での行き来がもっと違った意味での交流となって欲しいと思います。
 たとえば今では働く人を募集しているのは大都会だけではありません。どこの都道府県でも人手不足であり、そこで新しい形での出稼ぎは祖父母、両親などの出身地など地元と繋がり、交流によるつながりが出来るようになれば良いと思います。
 これも笠戸丸移民を祖とする移民先輩諸氏の労苦の賜であると思います。このことを後世世代に残し伝えることが、私たちの義務であると思います。
 ここに移民開拓に尽くされた方々、開発途上で志むなしく亡くなられた方々、それより前にブラジルへの渡航途上に事故や病気で亡くなられた六百余名の方々、またブラジルの地に生まれて逝去された方々への慰霊と追悼の意を表したいと思います。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(22)2013年10月12日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(22) ニッケイ新聞 2013年10月12日  ジョージが事務所に着くと、彼宛の伝言があった。 『(ローランジアのイシズカさんとれんらくがとれました。TEL:三七五四、六○六一のニシタニにレンラクしてください)』カヨ子 早速、ジョージは電話した。 […]
  • オイスカ=宮城海岸林の再生目指す=コロニアに協力呼びかけ2012年2月15日 オイスカ=宮城海岸林の再生目指す=コロニアに協力呼びかけ ニッケイ新聞 2012年2月15日付け  東日本大震災で失われた宮城県名取市の海岸林の再生を目指し、公益財団法人オイスカ(中野良子会長)が『海岸林再生プロジェクト10カ年計画』を実施している。10年間で50万本の植林を目指す。 […]
  • 《ブラジル》求職者増で失業率14%に=女性や黒人、北東部ほど上昇2020年10月24日 《ブラジル》求職者増で失業率14%に=女性や黒人、北東部ほど上昇  コロナ禍に伴う経済活動への影響に関する調査によると、9月の失業率はさらに上昇し、特に、女性や黒人、北東部といった経済的弱者ほど失業率が高いと23日付フォーリャ紙が報じている。  地理統計院(IBGE)が発表した最新のデータによると、9月20日現在の失業率は、8月20日時点の […]
  • 7月の小売5・3%縮小=01年以降最大の下げ幅2016年9月14日 7月の小売5・3%縮小=01年以降最大の下げ幅  地理統計院(IBGE)が13日、7月の小売は前月比0・3%、昨年同月比で5・3%縮小と発表したと同日付G1サイトなどが報じた。  5・3%減というのはIBGEが同種の統計を始めた01年以降、最大の下げ幅だ。今年の累計は6・7%、1年間の累計は6・8%減だった。  調査8部 […]
  • サンパウロ州内陸部=大学病院への需要が増加=追いつかない設備や人員2017年6月15日 サンパウロ州内陸部=大学病院への需要が増加=追いつかない設備や人員  民間の保健プランを失う人が増え、統一医療保健システム(SUS)の需要が高まる中、サンパウロ州内陸部では、治療が困難な病気治療の要とされる大学病院が需要増に対応しきれずにいると14日付現地紙が報じた。  大学病院の需要増を示す例は、救急外来と小児科の集中治療室(ICU)を一時 […]