ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 20日、ボルソナロ大統領は、福音派の恒例行事である「イエスの行進」に参加した。歴代の大統領で、この行進に参加した人はこれまでいなかった。大統領はイエス・キリストにまつわる行進の場でも、自身が大統領選の際に売りにしてきた手で銃の形を作る行為を行った。行進後の取材では、「良い政治改革ができるなら、再選を目指しての出馬は捨ててもいい」と語る一方、「もし、そうならずに、国民が望むなら、もう4年やる」と、3年半先の大統領選に言及。さらには、「これから先はみんなが自分に投票する」と語った。そういう野望を語る前に、実際に多くの国民に愛される政治を実践してほしいものだが。
     ◎
 大統領府秘書室長官を更迭されたカルロス・アルベルト・ドス・サントス・クルス氏がエポカ誌の取材に答え、「今の政府はおろかなことばかりしている」と批判した。同氏は「国民のことを第一に優先しないといけないのに、焦点のずれたことばかりに力を入れていた」とし、政府の状況を憂えた。同氏は大統領の次男カルロス氏と極右思想家オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏の派閥と対立し、大統領府内で勢力争いを行っていたことで知られていた。
     ◎
 今日と明日はサッカーのブラジル代表にとっては大きな試合が続く。今日は男子代表がコパ・アメリカでの決勝トーナメント進出をかけ、ペルーと対戦。明日は女子代表が、決勝トーナメント第1戦でフランスと対戦する。いずれも16時からの試合だ。男女ともに、ここからは強いチームだけが生き残る状況になってくるので、目が離せない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月24日 東西南北  米国のタイム誌が22日、「世界で最も影響力のある100人」に、ブラジルからはボルソナロ大統領とユーチューバーのフェリペ・ネットの2人を選んだ。ボルソナロ大統領といえば、今やトランプ大統領と並ぶ“世界的な政治家”。タイム誌が7、8年前に、ジウマ大統領を同様の企画で「進歩的な女性 […]
  • 東西南北2020年9月11日 東西南北  10日付現地紙によると、大サンパウロ都市圏に水を供給している水系の貯水量が、この1年間で21%落ちたという。昨年の9月9日現在の貯水量は1兆3464億4千万立法メートルだったが、今年の同日は1兆604億4千万立法メートルになったという。ただでさえ、乾季で雨量が減る上、今年はコ […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]
  • 東西南北2020年8月26日 東西南北  25日午前、ツイッター上では「マジュ・メンチローザ」のハッシュタグが大量に上がった。それは、グローボ局の昼ニュース「ジョルナル・オージ」で「ブラジルで11万7千人が亡くなっているときにボルソナロ大統領は『コロナに勝ったブラジル』というイベントに参加していた」と報じたことをボル […]