ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ブルマジーニョのダム決壊は爆破が原因?=実施時間で証言にずれはあるも

《ブラジル》ブルマジーニョのダム決壊は爆破が原因?=実施時間で証言にずれはあるも

ダム決壊で大量の鉱滓の直撃を受けたブルマジーニョの航空写真(Isac Nóbrega/PR)

ダム決壊で大量の鉱滓の直撃を受けたブルマジーニョの航空写真(Isac Nóbrega/PR)

 死者246人と行方不明者24人を出したミナス州ブルマジーニョでの鉱滓ダム決壊事故の当日(1月25日)、Vale社所有のコレゴ・ド・フェイジョン鉱山の坑道内で爆破が起きていた事を同州環境警察が明らかにしたと25日付G1サイトなどが報じた。
 同鉱山で爆発があった事はブラジル諜報部が事故直後に確認しており、他国のテロリストの仕業との噂も流れていた。
 だが、24日に開かれたミナス州議会の調査委員会(CPI)に出席した外注業者の技師、オオサワ・エイイチ氏は、爆破が起きたのは12時20~40分頃で、爆破時は現場の近くにいたと証言した。
 他方、Vele社の従業員で爆破の責任者だったエヂマル・デ・レゼンデ氏は、爆破が起きたのはダム決壊から約1時間後の午後1時33分で、爆発物が現場に残っているのは危険だと判断して爆破したと証言した。

事故直後の被災者捜索の様子(Ricardo Stuckert/Agencia Brasil)

事故直後の被災者捜索の様子(Ricardo Stuckert/Agencia Brasil)

 CPIでは既に、ダムの安全性などを審査していたTuvSud社が2018年に、爆破を行わない事や重量車両の通行を避ける事などを記した勧告書を出していた事を知っている。だが、レゼンデ氏は、そのような勧告が出ていた事は知らなかったと話している。
 Vale社は、鉱業界では爆破は付き物だし、TuvSud社からも採掘作業を中止するようにとの勧告は受けていなかったと釈明している。
 州議会のCPIは、Vale社が勧告を無視した、または現場作業員にその内容を伝えなかった事は、業務上の怠慢にあたると判断している。
 なお、連邦下院は25日、業務上の怠慢によるダム決壊は犯罪行為とする法案を可決。同法案は今後、上院に回される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 30年ぶりに感激の対面=県費留学生ら76年の同期会2006年8月2日 30年ぶりに感激の対面=県費留学生ら76年の同期会 2006年8月2日付け […]
  • オーリャ!2016年6月17日 オーリャ!  「実は思ったほど苦労しなかったんですよ」。ラーメン「モモ」開業の際、開発者のそんな一言がとても印象的だった。実は過去に、別の店舗(JOJOラーメン)の取材で真逆の言葉を耳にしたからだ。 現地食材で〃日本の一杯〃を再現するという、同じ方針の両店。「JOJO―」は日本のラーメン店 […]
  • 1万人の大運動会=オザスコで6日2018年5月3日 1万人の大運動会=オザスコで6日  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)主催の『第54回家族慰安大運動会』が、5月6日午前8時からアセンボ野球場(Rua Acenbo, 100, Jardim […]
  • 《サンパウロ州警察》ついに顔認識システムを導入=サンパウロ市カーニバルから運用開始2020年1月30日 《サンパウロ州警察》ついに顔認識システムを導入=サンパウロ市カーニバルから運用開始  サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は28日、サンパウロ市のリカルド・ガンブルフドン・ドーント識別研究所(IIRGD)内で行われた、顔・生体認識研究所の開所式典に出席。その席で、今年のサンパウロ市カーニバルから、犯罪者や容疑者、逃亡者の顔を警察が特定できるシステムを導入 […]
  • 米国ビザ問題=エアカナダも選択肢=帰伯者に多少の混乱も2003年8月7日 米国ビザ問題=エアカナダも選択肢=帰伯者に多少の混乱も 8月7日(木)  【既報関連】アメリカ国内での乗り換え(トランジット)目的の乗客にビザの取得を義務づける措置は、日本に向かう日系人だけでなくブラジル全体に影響を及ぼしている。 […]