大耳小耳

 移民110周年記念事業、聖州サンロッケ市の「文協総合センター」(国士舘大学スポーツセンター)内の「原沢パビリオン」建設の経過は順調なよう。同実行委員長を務めた菊地義治氏によれば、「25日に、2階の床面にコンクリートを流し込み、基礎工事を終えた」とのこと。4月に起工式が執り行われ、年内に竣工の予定。7月の文協桜まつりでの使用予定はないそうだが、「来場者建設の経過を見てもらい、立派なパビリオンができることを楽しみにしてほしい」と菊地氏は笑みを見せた。日系社会の新たなシンボルとして期待を集める原沢パビリオン。落成の日が待ち遠しい。