ホーム | ブラジル国内ニュース | U17W杯組み合わせ抽選会行われる=ブラジル対カナダ戦で幕開け

U17W杯組み合わせ抽選会行われる=ブラジル対カナダ戦で幕開け

 国際サッカー連盟(FIFA)は11日、10月26日から11月17日までブラジルで開催される男子U17W杯(2002年1月1日以降生まれの選手に出場資格あり)の組み合わせ抽選会を行った。同日付ブラジルスポーツニュースサイトが報じている。
 大会には開催国のブラジルを含む24チームが参加する。4カ国ずつ六つのグループに分かれて総当たり戦を行った後、各グループ上位2位までの12チームと、3位の6チーム中、成績上位4チームまでの合計16チームがトーナメント戦で優勝チームを決める。
 開催国のブラジルはグループAに入り、カナダ(10月26日)、ニュージーランド(29日)、アンゴラ(11月1日)の順に戦う。
 昨年、マレーシアで行われたアジア地区予選で優勝した日本はグループDに入り、オランダ(10月27日)、米国(30日)、セネガル(11月2日)の順に戦う。
 今大会は、本来ペルーでの開催が予定されていたが、同国が開催条件を満たすことが出来ずに開催権を返上。ブラジルが代替開催国に選ばれた。
 ただし、急な開催決定で、ブラジル国内の主要都市、主要競技場を使用することが出来ず、開催都市は連邦直轄区のガマ、ゴイアス州のゴイアニア、エスピリトサント州のカリアシカの3市、会場もガマとカリアシカは1会場ずつ、ゴイアニアは2会場と合計4会場のコンパクトな大会となった。
 大会は10月26日、ガマのベゼロン競技場でのブラジル対カナダ戦で幕を開け、決勝は11月17日、同じベゼロン競技場で行われる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」2020年11月27日 マラドーナ=アルゼンチン国葬、世界から弔辞=ペレ「天国で一緒にサッカーを」  【既報関連】25日に急死したアルゼンチンの伝説的サッカー選手、マラドーナの死をめぐり、サッカー界や政界、法王からも続々と弔辞が送られた。26日のアルゼンチンでの葬儀は国葬となった。26日付現地紙、サイトが報じている。  サッカー界ではまず、生前「どちらがサッカー史上 […]
  • マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説2020年11月26日 マラドーナが急死=アルゼンチンのサッカーの伝説  アルゼンチンが生んだ伝説のサッカー選手、ディエゴ・マラドーナが25日、ブエノスアイレス郊外のティグレで心不全のため亡くなった。60歳だった。  マラドーナは3日、体調不良によりコロナウイルス感染を疑って検査入院した際、硬膜下血腫と診断され手術。8日後に退院した後は自 […]
  • 東西南北2020年11月18日 東西南北  15日の統一地方選でボルソナロ大統領が惨敗したことは昨日付本面でも触れたが、大統領前夫人のロジェリア氏も、リオ市議選でわずか2034票しか集められず落選。また「アサイ販売人のボルソナロ氏の幽霊職員」として話題を呼んだヴァル・ド・アサイ氏もアングラ・ド・レイス市の市議選に出馬し […]
  • 東西南北2020年11月17日 東西南北  15日に行われた統一地方選。コロナ禍ということで、感染爆発を恐れて投票拒否を行う人が出ることは事前に予想されたが、この日の不投票率は23%を記録したという。これは過去20年間の選挙ではワースト記録だ。選挙期間中は、それまで順調に下がっていたコロナの感染者や死者が再び上昇に転じ […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]