ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》8割は基本的な書類さえ持たず=刑務所を出た後の生活見据え

《ブラジル》8割は基本的な書類さえ持たず=刑務所を出た後の生活見据え

 ブラジル国家法務審議会(CNJ)は、ブラジル国内の26州と首都ブラジリアがある連邦直轄区(区分上、州扱い)の内、刑務所の収容者が市民生活を送るために必要な種々の書類(文書)の管理が出来ているのは5州だけと発表した。
 ブラジル最高裁長官にしてCNJ会長でもあるジアス・トフォリ氏によると、国内の刑務所の収容者の80%、実数で79万7千人は、ブラジル国内で生活していくのに最低限必要な基本文書を持っていない。
 CNJは、労働手帳、出生証明、選挙人登録、身分証明書(RG)、納税者番号(CPF)などを基本文書と定めている。
 収容者がこうした書類を所有していないと、大きな不都合が生じている。例えば、所内に学校があり、更正の一環として通うことが出来る場合でも、CPFがないと生徒として登録できない。
 RGを持っていないと、国内の無料医療システム、統一医療保健システム(SUS)の診察券も取得できない。
 囚人が、夜間、祝休日限定の禁固刑(セミアベルト)になった時、平日の昼間にどこかで就労しようと思えば、労働手帳が必須だ。
 6月末に選挙高裁で開かれたイベントで、ジアス・トフォリ最高裁長官は、「収容者はどんな人でどんな環境で育ってきたか、どんな適性があるかなど、我々は殆ど把握していない。収容者の多くは、身分を証明する基本的な文書さえ持っていない。そのことが彼らの更正をさまたげ、社会から一層疎外される存在にしてしまっている」と語った。
 こうした現状を改善するための収容者への基本文書の発行は、各州の登記所の協力を得て、今年1月に始まった。同時にCNJは収容者を対象に生態認証登録も始めた。これらのプロセスが完了するのは9月の見込みだ。(22日付エスタード紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル2020年7月18日 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は17日、大晦日毎年恒例の大型イベント「レヴェイオン」を、コロナ禍のために中止にすることを発表した。同日付現地サイトが報じている。  レヴェイオンは毎年大晦日の真夜中に、市内最大の繁華街パウリスタ大通りで行われているサンパウロ市主催のコ […]
  • 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で2020年6月26日 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で  新型コロナウイルスで休校になっていた学校再開をめぐり、サンパウロ州は9月8日から段階的に再開との計画を、24日に発表した。24日付伯字サイトなどが報じている。  サンパウロ州政府が発表したところによると、授業再開は9月8日から。その頃までには州内のどの地域も、外出規制緩和の […]
  • 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける2020年6月27日 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。  FGVブラジル経済研究所(Ibre)のマルセル・バラシアノ氏の試算によると、国際通貨基金(IMF)が先日発 […]
  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中2020年6月24日 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中  コロナウイルスの感染拡大で経済活動などが止まった事を受け、2019年の所得に関する確定申告期間を今月30日まで延長しており、未申告者は急いで申告するよう国税庁が促している。  確定申告は通常、4月末日までに行わなければならないが、今年はコロナ禍のために申告期間が延長された。 […]