ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル政府》来年度予算案を議会に提出=法定最低賃金は1039レアルに=追加融資のため議会承認必要

《ブラジル政府》来年度予算案を議会に提出=法定最低賃金は1039レアルに=追加融資のため議会承認必要

パウロ・ゲデス経済相(Valter Campanato/Ag. Brasil)

 ブラジル経済省のワルデリー・ロドリゲス財務特別局長が8月30日に、2020年の年間予算法プロジェクト(PLOA)と、2020~23年の多年度投資計画(PPA)を議会に提出した。8月30、31日付現地各紙・サイトが報じた。
 PLOAは、来年度のインフレ率や経済成長率を想定した上で優先政策の必要額を算定したもの。PPAは、政権発足初年度に、2年目から次政権の初年度末までの4年単位の投資計画を明記したものだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ