ホーム | ブラジル国内ニュース | ボルソナロ刺傷事件から1年=アデーリオ容疑者の親族たちの心情は?

ボルソナロ刺傷事件から1年=アデーリオ容疑者の親族たちの心情は?

 昨年の大統領選のキャンペーン中にミナス・ジェライス州ジュイス・デ・フォーラで起きた、大統領候補ジャイール・ボルソナロ氏(現大統領)刺傷事件から6日で1年が経過する。
 犯人のアデーリオ・ビスポ・デ・オリヴェイラ被告は、現在も南マット・グロッソ州カンポ・グランデの連邦刑務所に収監されている。同被告の家族の現在の心境を、3日付現地紙が報じている。
 アデーリオ被告の親族は、ミナス・ジェライス州北部にある人口40万人の街モンテス・クラロスに暮らしている。
 現地紙はアデーリオ被告の兄弟4人の内の3人と1人の義姉妹、2人の姪に取材を行っており、音信不通となっている同被告の情報が不足していることにいらだちを隠せず、周囲の人々からの偏見と戦う日々を強いられているという。
 親族たちは、アデーリオ容疑者は“怪物”ではなく、あくまで治療の必要な精神異常者であることを主張している。
 実兄のアルデイールさん(52)によると、アデーリオ氏に関する情報は、テレビを通じて得るもののみで、地理的に離れたカンポ・グランデに行ける状態の親族はいないという。
 アデーリオ被告は、5月27日にジュイス・デ・フォーラで行われた裁判で「精神異常」が認められ、責任能力はないとみなされた。6月14日には正式に免罪とされた上、刑務所で治療を受けるよう言い渡された。ボルソナロ氏も控訴しなかったため、刺傷事件そのものの裁判は終わった状態だ。
 ただし、現在は、連邦警察が同被告の弁護を行ったザノネ・ジュニオル氏に関し、本当に誰かが弁護を依頼したのか、もしも本当なら、誰が何のために依頼したのかを調べているという。(3日付フォーリャ紙、3日付G1サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年1月24日 東西南北  国際的非政府団体「トランスペアレンシー・インターナショナル」が22日に「世界汚職ランキング」を発表したが、ブラジルは前年よりも1ランク下がり、106位となった。同ランキングでは順位が高い国ほど汚職が少ないとされるが、ブラジルは、69位だった2014年以降、毎年ランクを下げてい […]
  • 東西南北2019年5月16日 東西南北  15日朝、南マット・グロッソ州カンポ・グランデで小型飛行機が墜落し、操縦していた医師とその妻が死亡した。死亡したのは産科医のペドロ・ドス・サントス氏と妻のスザナ氏で、同市東部のサンタマリア空港から離陸したものの、濃霧のために視界がかなり悪く、低空で2回旋回を繰り返した後、空港 […]
  • 《ブラジル》ボルソナロ次期政権の保健相にマンデッタ氏=DEMから3人目の入閣=またも「疑惑あり」の人物2018年11月22日 《ブラジル》ボルソナロ次期政権の保健相にマンデッタ氏=DEMから3人目の入閣=またも「疑惑あり」の人物  ジャイール・ボルソナロ次期大統領は20日、次期保健相にルイス・エンリケ・マンデッタ氏(53、民主党・DEM)を指名した。これでDEMからは3人目の閣僚入りとなるが、同氏は他のDEMの閣僚候補同様、汚職疑惑を抱えている。21日付現地紙が報じている。  マンデッタ氏はリ […]
  • 《ブラジル》大統領候補のボルソナロ、ナイフで刺され瀕死の重傷=病室では銃の構えで物議=犯人は特別刑務所に護送=大統領選は穏やかなトーンに2018年9月11日 《ブラジル》大統領候補のボルソナロ、ナイフで刺され瀕死の重傷=病室では銃の構えで物議=犯人は特別刑務所に護送=大統領選は穏やかなトーンに  6日にミナス・ジェライス州で暴漢に刺された、極右大統領候補のジャイール・ボルソナロ氏(社会自由党・PSL)は、同日中に緊急手術を受けた後、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院に運ばれ、療養中だが、病院内の写真でも物議をかもした。また、犯人のアデリオ・ビスポ・ […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]