ホーム | ブラジル国内ニュース | ボウソナロ刺傷事件から1年=アデーリオ容疑者の親族たちの心情は?

ボウソナロ刺傷事件から1年=アデーリオ容疑者の親族たちの心情は?

 昨年の大統領選のキャンペーン中にミナス・ジェライス州ジュイス・デ・フォーラで起きた、大統領候補ジャイール・ボウソナロ氏(現大統領)刺傷事件から6日で1年が経過する。
 犯人のアデーリオ・ビスポ・デ・オリヴェイラ被告は、現在も南マット・グロッソ州カンポ・グランデの連邦刑務所に収監されている。同被告の家族の現在の心境を、3日付現地紙が報じている。
 アデーリオ被告の親族は、ミナス・ジェライス州北部にある人口40万人の街モンテス・クラロスに暮らしている。
 現地紙はアデーリオ被告の兄弟4人の内の3人と1人の義姉妹、2人の姪に取材を行っており、音信不通となっている同被告の情報が不足していることにいらだちを隠せず、周囲の人々からの偏見と戦う日々を強いられているという。
 親族たちは、アデーリオ容疑者は“怪物”ではなく、あくまで治療の必要な精神異常者であることを主張している。
 実兄のアルデイールさん(52)によると、アデーリオ氏に関する情報は、テレビを通じて得るもののみで、地理的に離れたカンポ・グランデに行ける状態の親族はいないという。
 アデーリオ被告は、5月27日にジュイス・デ・フォーラで行われた裁判で「精神異常」が認められ、責任能力はないとみなされた。6月14日には正式に免罪とされた上、刑務所で治療を受けるよう言い渡された。ボウソナロ氏も控訴しなかったため、刺傷事件そのものの裁判は終わった状態だ。
 ただし、現在は、連邦警察が同被告の弁護を行ったザノネ・ジュニオル氏に関し、本当に誰かが弁護を依頼したのか、もしも本当なら、誰が何のために依頼したのかを調べているという。(3日付フォーリャ紙、3日付G1サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル人ジャーナリストパラグアイで銃殺される=生前脅迫を受けていたとも2020年2月14日 ブラジル人ジャーナリストパラグアイで銃殺される=生前脅迫を受けていたとも  ブラジル人ジャーナリストのレオ・ベラス氏が12日夜、ブラジル中西部マット・グロッソ・ド・スル州の州都カンポ・グランデから342キロ離れたポンタ・ポランと国境を接するパラグアイのペドロ・フアン・カバジェロ市で銃殺されたと13日付ブラジルニュースサイトが報じた。  ベラス氏は、 […]
  • リオ州=週末の豪雨で4人が死亡=1日で月間降水量超す所も2020年3月3日 リオ州=週末の豪雨で4人が死亡=1日で月間降水量超す所も  2月29日から降り始めた豪雨で、リオ州では4人の死者が出たが、2日も強い雨が降る可能性があり、当局が警戒を呼びかけていると2日付現地紙、サイトが報じた。  ブラジル中西部から南東部に向かう湿った大気は、2月28日にサンパウロ州海岸部などに被害をもたらした後、リオ州に […]
  • 《ブラジル》銀行までの秘密トンネル発見=5月から70メートル掘り進む2019年12月24日 《ブラジル》銀行までの秘密トンネル発見=5月から70メートル掘り進む  ブラジル中西部の南マット・グロッソ州カンポ・グランデ市で22日未明、市内にあるブラジル銀行に向かってトンネルを掘っていたグループが摘発され、警官との間で銃撃戦が展開された。  グループが目指していたのはブラジル銀行中央管理センターの金庫で、現地時間の22日午前0時3 […]
  • 《ブラジル》緊急着陸機から460万レ=前歴あるイタリア人操縦士2019年7月3日 《ブラジル》緊急着陸機から460万レ=前歴あるイタリア人操縦士  ブラジル中西部のマット・グロッソ州アウタ・フロレスタ市の空港で、6月30日に緊急着陸した小型機から460万レアル以上が入ったトランクが見つかり、操縦していたイタリア人が逮捕されたと同日ならびに7月1、2日付現地紙サイトが報じた。  同州州都のクイアバ市から約800キ […]
  • 東西南北2020年1月15日 東西南北  サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が13日、レストランやホテル、バーなどの飲食店やイベント会場などで、プラスチック製の食器やナイフ、フォークなどの使用を禁じる条例を裁可した。これで、2021年1月1日以降、違反した施設は罰金を科されることとなる。今年いっぱいはそのための移 […]