ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 7日の独立記念日にはブラジリアでも恒例の式典が行われ、ボルソナロ大統領がミシェレ夫人とラウラちゃん(8)と共に出席。ラウラちゃんの公式行事参加は初めてだった。傍には、ウニベルサル教会のエジル・マセド司教やブラジル屈指の大富豪として知られる名司会者でSBT局社主のシルヴィオ・サントス氏の姿もあり、かねてから世論で「福音派や金持ち優遇のための政府なのか」との批判の声も出ていたことを思い出させた。大統領は特別席を離れ、モロ法相らと共に行進に加わったりした後、サンパウロ市に移動。8日には同市南部の病院でヘルニアの手術を受けた。手術後は5日間の休養が必要で、モウロン副大統領が12日まで大統領職を代行する。
     ◎
 6日、米国のマイアミでサッカーのセレソンの親善試合、対コロンビア戦が行われた。セレソンは序盤に守備の乱れが続き、前半を1―2とリードされたが、後半に何とか追いつき、2―2で引き分け。負傷欠場した6月のカタールとの親善試合以来の出場となったネイマールは、1得点、1アシストでチームの2点に絡み、貫禄を示した。セレソンの次戦は11日0時、時差の関係で真夜中だが、ロサンゼルスでの対ペルー戦となる。
     ◎
 ここのところ「おとなしい」と思っていたら、8日に久々に大きなヴァザ・ジャット報道があった。「ジ・インターセプト・ブラジル」の編集者レアンドロ・デモリ氏はツイッターで、「スノーデン報道は4~6カ月目が一番大きかった。ヴァザ・ジャットもそれに倣う」と発言。今後はいったい、何が飛び出してくるのか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月30日 東西南北  今日30日午後5時から、リオ市マラカナンでサッカーのリベルタドーレス杯の決勝戦、パルメイラス対サントス戦が行われる。この2チームはオールド・ファンにはおなじみの老舗中の老舗チームだ。1960年代のサントスにはペレが在籍し、黄金時代を築いたが、その時代はパルメイラスの黄金期でも […]
  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]
  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • 東西南北2020年12月18日 東西南北  サンパウロ州が17日、サンパウロ市モノレール17号線の工事再開を宣言した。工事担当の建築企業体と新たな契約が交わされたためだ。同線はコンゴーニャス空港からCPTM9号線モルンビ駅までと、地下鉄5号線カンポ・ベロ駅までをつなぐもの。当初はサッカーW杯の行われた2014年完成の予 […]
  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]