ホーム | 日系社会ニュース | 聖母婦人会70周年祝う=「地の塩、世の光として使命果たす」=ドナ・マルガリーダの教え忘れずに

聖母婦人会70周年祝う=「地の塩、世の光として使命果たす」=ドナ・マルガリーダの教え忘れずに

(奥から)ドナ・マルガリーダ、武内神父、久次神父の遺影をおいて行われた記念ミサ

 聖母婦人会(畑中アリッセ会長)は終戦直後、日本へのララ救援物資を集めるためにドナ・マルガリーダ渡辺らによって1949年9月18日に14人の婦人によって創立され、カトリック信仰に基づいた社会福祉活動を続けてきた。今年、創設70周年を迎えたことから聖市のサンゴンサーロ教会で22日に記念ミサを行い、会員ら150人ほどが集まって祝賀フェスタをして節目の日を祝った。

全員で記念写真

 午前8時から始まった記念ミサは、長年会に貢献してきた80歳以上の会員10人余りを先頭に、日本人形風の「暁の星の聖母マリアさま」像、聖母婦人会のシンボル、ドナ・マルガリーダ渡辺や武内重雄神父、久次マリオ神父の遺影を持った代表者らが入場行進し、祭壇の左右に設置された。
 日本滞在12年で日本語が堪能なアントニオ・ジェニヴァウド・デ・オリベイラ神父が司式司祭を、司会役をカメガシマ・アルメリンダさん、オルガン演奏は石井葉子さんが務めた。日本語で聖書が読み上げられ、讃美歌が歌われた。
 奉納祈願では、婦人会の奉仕活動を象徴する青いエプロンが供えられた。共同祈願では《主よ、聖母婦人会の70年の歩みを導いて下さり感謝します。これからも私たちが地の塩(腐敗を防ぐ塩のような社会的存在であれとの教え)、世の光として主から託された使命を、この世界で果たして行けますように、聖母婦人会のこれからの道を照らしてください》と読み上げられた。
 ミサが1時間ほどで終わったあと、奥のサロンに移動してフェスタが始まった。ジェニヴァウド神父は「70年前に植えた種を、いま収穫している。この先の道はもっと厳しいかもしれないが、元気を出して続けていきましょう」と冒頭で呼びかけた。

オメナージェンを受けた高齢者の皆さん

 カネガシマさんの解説により、70年間の歴史を数々の写真で振り返るスライドが上映され、会員らは食い入るように見入った。最盛時には一世を中心に200人もの会員がいた。その後、高齢会員や霊的指導をする神父ら約30人への感謝の記念品贈呈が行われ、ケーキカットとなった。
 30年以上も活動に参加する瀬尾陽子さん(81、徳島県)=イビウナ在住=は、「この会は良い方ばっかり。イエスさまに支えられて一歩一歩歩いてきた年月だった」と振り返った。
 1976年から参加する最古の会員、吉田ローザさん(69、二世)は「結婚してすぐドナ・マルガリーダから婦人会に入りなさいと誘われ、28歳で入会した。彼女はすごく優しい人で、『ブラジルのために尽くしなさい』と繰り返し言われた」と懐かしむ。また「フェスタの時は、子供がボーロとか食べ過ぎないように、先におにぎりを食べさせておきなさいと注意もしてくれましたよ」と笑った。
 吉田さんは「終戦直後に困った日本の人を助けるために活動を始めた団体。ドナ・マルガリーダからは『憩の園を手伝いましょう』と言われ続けてきたので、今も忘れないようにしている」と次の10年に向けて決意を新たにしていた。

乾杯する様子


□関連コラム□大耳小耳

 聖母婦人会が創立以来、支援活動を続けている救済会に、初期の頃から務めていた「生き字引」吉安園子さん(91、二世)に、エスペランサ婦人会と聖母婦人会が同じ年に創立した理由を尋ねた。「戦後荒廃した日本にララ救援物資を送るために、元々は村上真一郎宅に皆が集まって活動していました。でもエスペランサ婦人会が発足したのを受け、カトリックの人たちも自分たちの会を作ろうという話になったと聞きました」とのこと。実際1949年8月17日にエスペランサ創立、約1カ月後の9月18日に聖母婦人会となっている。共に現在まで続いており、コロニア史における貴重な系譜を織りなしている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 丹下太鼓道場=発表会で1年の成果披露=伝統踏まえて和洋融合へ2019年9月12日 丹下太鼓道場=発表会で1年の成果披露=伝統踏まえて和洋融合へ  コロニア最古の少年太鼓隊に始まり、41年目を迎えた丹下セツ子太鼓道場(梶原アウミル代表)は「第9回発表会」を1日、聖市の宮城県人会館で開催した。初めて四季をテーマにした舞台演出を取り入れ、季節を代表する百人一首を挟み込みながら、伝統的な太鼓から三味線とギター、ドラムス […]