ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ大統領=PSL離党に向けて準備中=ビヴァール党首とは絶交状態=問題は追随議員の任期確保=現状で20人ほどが移籍か?

《ブラジル》ボウソナロ大統領=PSL離党に向けて準備中=ビヴァール党首とは絶交状態=問題は追随議員の任期確保=現状で20人ほどが移籍か?

10日のボウソナロ大統領(Marcos Corrêa/PR)

 【既報関連】9日、社会自由党(PSL)党首のルシアノ・ビヴァール氏が「彼はもう、わが党とは関わりがない」と宣言したことで、ボウソナロ大統領とPSLの決裂が避けられないものとなりそうだ。大統領は現在、法的に問題なくPSL議員らを自分と共に移籍させる方法を模索しているという。10日付現地紙が報じている。

 ボウソナロ氏とPSLの亀裂は、ボウソナロ氏が8日に大統領官邸前、それも取材陣の目前で、来年度の地方選に同党からの出馬を希望している支持者に対して、「PSLのことは忘れろ」「ビヴァールは火の車だ」と言ったことが直接的な原因となって表面化した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ