ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■関根隆範さん

■訃報■関根隆範さん

関根隆範さん

 ブラジル講道館柔道有段者会、ブラジル東京都友会などの会長職を現役で務めている関根隆範さんが、日本時間の10月30日夜に亡くなった。サンパウロ三田会の友人らと東京で夕食時、突然の心肺停止に陥り、病院に運ばれたがそのまま帰らぬ人となった。享年78。
 関根さんは1940年11月16日生まれ。慶應義塾大学を卒業後、63年に東山銀行の呼び寄せ移民として渡伯した。その後、ニューヨーク在住を経て日本へ帰国。
 ソニー株式会社に入社し、72年にソニー・ブラジル社の立ち上げのために再度渡伯。10数年務めて独立し、当地で様々な事業を手掛けた。
 中学生の頃から始めた柔道を続け、近年はブラジル講道館柔道有段者会の会長としてブラジルの柔道普及に貢献。また、ブラジル三田会の会長も務めていた。
 妻の関根いつ子さんは、「皆さんに気を配っていただき、幸せな人生だったと思います」とコメントしている。
 関根さんの遺体は日本で火葬され、日本でお別れ会を行う予定。ブラジルでの法要は現時点で未定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナ禍=検査キット期限切れで大量廃棄?=感染再増加中に686万人分も=ICU占有率や死者数も急上昇2020年11月24日 《ブラジル》コロナ禍=検査キット期限切れで大量廃棄?=感染再増加中に686万人分も=ICU占有率や死者数も急上昇  【既報関連】新型コロナウイルスの感染者や死者が再び増えている中、サンパウロ州グアルーリョス市で保管されている新型コロナの検査キット686万人分が廃棄処分となる可能性があると22日付エスタード紙が報じた。  グアルーリョス市で保管中の検査キットは715万人分で、その9 […]
  • 東西南北2020年11月24日 東西南北  29日の市長選の決選投票を前に、影響力のある政治家たちが誰の支持表明をするかに注目が集まっている。21日、ひときわ目立つ応援例が見られた。それは元サンパウロ市市長のマルタ・スプリシー氏だ。この日、自らの票田だったサンパウロ市南部パレリェイロスに現れたマルタ氏は、法王専用車みた […]
  • ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め2020年11月24日 ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め  「10月になってから配達がひどくなった」「11月の新聞が一回も来ていない」「古新聞がまとめてドサッとくる」など、読者からの苦情の電話を毎日お聞きして、本当に心苦しい。サンパウロ市地域は本紙モトケイロが配達して回るから、変わらない。  だが、それ以外の地域の新聞配達を […]
  • JH=新機軸「日伯散策」12月6日=日伯所縁の地を歩いて巡る=125周年「生中継を視聴して」2020年11月24日 JH=新機軸「日伯散策」12月6日=日伯所縁の地を歩いて巡る=125周年「生中継を視聴して」  日伯外交樹立125周年を記念して、ジャパン・ハウス(エリック・クルッグ館長)は12月6日午前10時から「カミーニョス・ブラジル・ジャポン」(日伯散策)を開催する。サンパウロ市の日本移民や日本文化に所縁のある場所を歩いてたどりながら、それをオンライン(https://w […]
  • カンピーナス=野口英世胸像のプレート再設置=盗難受け、福島県人会再製作2020年11月24日 カンピーナス=野口英世胸像のプレート再設置=盗難受け、福島県人会再製作  ブラジル福島県人会(今井マリーナ由美会長)は、カンピ―ナス日伯文化協会(花田忠義会長)とサンパウロ州カンピーナス市役所協力のもと、野口英世胸像に青銅鋳物プレートを再設置した。  数年前にこのプレートは盗難避難に遭っていた。永山八郎県人会前会長の強い要請を受けて、20 […]