ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》下院CPI=「連邦政府は虚偽情報の巣窟」=フロッタ下議が大統領次男批判

《ブラジル》下院CPI=「連邦政府は虚偽情報の巣窟」=フロッタ下議が大統領次男批判

 10月30日、下院のフェイクニュース問題についての議会調査委員会(CPI)での供述が行われ、ボウソナロ大統領と対立するアレッシャンドレ・フロッタ下議(民主社会党・PSDB)が、大統領次男カルロス氏が連邦政府内で嘘の情報拡散を指揮していると証言した。10月31日付現地紙が報じている。
 この供述でフロッタ氏は「大統領特別室に雇われている3人の構成員は、別名“嫌悪部隊”とも呼ばれている」との裏事情を、3人の具体名をあげて説明した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ