ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 いったんは解決したように見えたマリエレ事件の疑惑が消えず、さらには証拠隠滅疑惑、警察や放送局への威嚇疑惑が発覚し、踏んだり蹴ったりのボルソナロ大統領。これらはグローボ局との対決で生まれている問題だが、その一方でエスタードやフォーリャ紙が、同大統領と現在もめている社会自由党(PSL)のスキャンダル報道を展開。中には「幽霊候補で得た政党資金がボルソナロ氏の大統領選にも回されていた」との疑惑も浮上中。そこに加えて、三男エドゥアルド下議のAI5発言問題も。今日5日は全国で反AI5デモが行われるが、次から次へと問題が重なっている状況だけに、どのようなデモになるか気になる。
     ◎
 1999年に起き、全国に衝撃を与えた、サンパウロ市西部のショッピング・モルンビの映画館での無差別銃殺事件。今月3日で事件からちょうど20年を迎えたが、3人を殺害した犯人マテウス・ダ・コスタ・メイラ受刑囚が、遠くないうちに出獄が可能な状況にあると報じられている。同受刑囚は当初120年の実刑判決を受けたが、後に48年9カ月に短縮された。現在は精神安定剤を服用し、静かに刑期を過ごしているという。慎重に考えた方が良いと思うが。
     ◎
 2日、コリンチャンスのファビオ・カリーレ監督が解任された。その理由は、同日の全国選手権対フラメンゴ戦で、なす術もなく、1―4で惨敗したためだ。一昨年の同選手権で圧倒的な強さで優勝したコリンチャンスを率いた同氏でさえこうした憂き目に。一方、フラメンゴは8月4日に敗れたのを最後に、3カ月間負けがない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年8月26日 東西南北  25日午前、ツイッター上では「マジュ・メンチローザ」のハッシュタグが大量に上がった。それは、グローボ局の昼ニュース「ジョルナル・オージ」で「ブラジルで11万7千人が亡くなっているときにボルソナロ大統領は『コロナに勝ったブラジル』というイベントに参加していた」と報じたことをボル […]
  • 東西南北2018年9月28日 東西南北  26日、大統領選候補たちによる討論会がSBT局で行われた。今回もジャイール・ボルソナロ氏は欠席。候補らの標的は支持率2位のフェルナンド・ハダジ氏となり、シロ・ゴメス氏やマリーナ・シウヴァ氏からの厳しい質問がハダジ氏に集中した。シロ氏とマリーナ氏は「左派側からの候補」の座をハダ […]
  • 東西南北2018年8月31日 東西南北  大統領候補のジャイール・ボルソナロ氏が28日にグローボ局で行ったインタビューの際、教育省批判のために使い、実物まで見せた、「子どものための同性愛教育に使っていた本(キット・ゲイ)」が、実際には学校で使用されていなかったことが明らかになった。教育省によると、2011年に同著を2 […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]