ホーム | 日系社会ニュース | モンチアズールで文化祭=日本からもボランティア

モンチアズールで文化祭=日本からもボランティア

和和太鼓グループ「タヲ」の演奏を楽しむ来場者

 ファベーラ地区で教育・福祉ボランティア活動を行うドイツ系NGO団体モンチアズール・コミュニティ協会(ウテ・クレーマー代表)が10月27日、サンパウロ市南部ジャルジン・オリゾンテ・アズール地区の同協会学校で毎年恒例の「Festa dos Povos(文化祭)」を開催した。
 文化祭は地域に住む子ども達に様々な国の文化体験をしてもらうことを目的に始まり、主旨に賛同した地域住民やインディオ団体、ドイツ・イタリア・日本の教育活動家が運営に協力した。日本からは大谷未来、佐藤愛さんがボランティアとして参加し、文化祭運営と日本文化紹介を担当した。
 当日は手作りカレーや焼きそば、ドイツ、イタリア料理が販売され、花冠づくりや濡らし絵、折り紙ワークショップが行われた。また、文化祭主旨に賛同した和太鼓グループ「タヲ」(塩沢かおり代表)による演奏披露、ブラジル将棋連盟(吉田国男会長)による将棋のワークショップも行われた。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 二天古武道研究所=ファベーラで奉仕活動=子どもが安全に遊べるように2019年12月6日 二天古武道研究所=ファベーラで奉仕活動=子どもが安全に遊べるように  二天古武道研究所(岸川ジョルジ代表)の青年会「隼」(浅川アキオ会長)の会員約25人が、サンパウロ市南部パレリェイロス区の非政府組織「コムニターリア・ペケーノ・プリンシペ(星の王子さま)協会」の運営する児童保育施設を11月24日に訪問し、施設整備などの奉仕活動を行った。 […]
  • ルーテル協会バザー15日に=大好評の品揃え、料理も提供2019年9月11日 ルーテル協会バザー15日に=大好評の品揃え、料理も提供  日系ルーテルサンパウロ教会(ルイス・メロ牧師)は、恒例のバザーを15日午前10~午後3時、聖市リベルダーデ区の同教会(Rua Pandiá Calógeras, […]
  • 気候変動と燃えるアマゾン―文明のあり方を問う=聖市ヴィラカロン在住 毛利律子2019年10月30日 気候変動と燃えるアマゾン―文明のあり方を問う=聖市ヴィラカロン在住 毛利律子  2011年3月11日、私たちは日本列島の東北海岸一帯で起きた大津波が、人の営みを容赦なく一瞬にして押し流す自然の猛威による惨状を目の当たりにした。誰もが決して忘れることのできない恐ろしいものが、脳裏に刻まれた。  それ以来、毎年と言っていいほど、台風による大雨、時季 […]
  • アマゾン火災騒動への違和感を読み解く2019年8月27日 アマゾン火災騒動への違和感を読み解く  アマゾンが国際世論やネット上でも燃えている――熱帯雨林伐採も森林火災も放置してはいけない。きちんとコントロールしなければいけない。その部分は、はっきりと言いたい。  その上で、先週からのアマゾンに対する国際世論を含めたボウソナロ政権への批判に奇妙な部分があることを指 […]
  • さくらホームの雪割桜に込められた郷愁2019年7月30日 さくらホームの雪割桜に込められた郷愁  「有名な観光地カンポスの名所の一つとして、桜祭りの時だけでなく、お客さんが年中訪れて入場料収入を落としてくれ、少しでも老人ホームの運営が楽になるようにしたい」―27日、聖州カンポス・ド・ジョルドン市のさくらホームで桜祭りを取材した際、サンパウロ日伯援護協会(以下、援協 […]