ホーム | 日系社会ニュース | □休刊のお知らせ□

□休刊のお知らせ□

 15日(金)が共和制宣言記念日の祝日のため、16日(土)の本紙が休刊になります。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 文協=6月20日に国際日系デー=オンラインで世界から参加2020年6月10日 文協=6月20日に国際日系デー=オンラインで世界から参加  ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)は6月20日(土)20時に、「国際日系デー」を祝うためのオンラインイベントをユーチューブとフェイスブック上で生中継する。人気バンド「パット・フー」の歌手、高井フェルナンダさん、野口泰在サンパウロ日本国総領事やブルーツリーホテル […]
  • スラム街の子供らを支援=慈善ヨガイベントを開催2020年6月10日 スラム街の子供らを支援=慈善ヨガイベントを開催  「新型コロナの影響はファベーラにもでています。お世話になったブラジルへの恩返しとして、自分はなにができるかということを考えた時、このイベントを行おうと思いました」――チャリティーヨガイベントの立案者、ヨガ講師の鈴木友紀菜さん(32歳、神奈川県)はそう語った。  鈴木 […]
  • 手づかみで体得したブラジル=19年度交流協会生の体験談(5)=大谷陽子「自分は自分でいいんだ」2020年6月10日 手づかみで体得したブラジル=19年度交流協会生の体験談(5)=大谷陽子「自分は自分でいいんだ」 大谷陽子(島根県、35)。2018年に学習塾を辞職し、ブラジル日本交流協会(http://anbi2009.org/)の研修制度に参加。研修先は二宮法律事務所。  2018年4月、ネットでニュースを見ていた私の目に、きらびやかなリオのカーニバルの写真が飛び込んできた。 […]
  • パラナ州ロンドリーナ市編=自粛生活の心がけを聞く「コロナより空襲の方が怖かった」2020年6月9日 パラナ州ロンドリーナ市編=自粛生活の心がけを聞く「コロナより空襲の方が怖かった」  「コロナに対する怖さは、戦時中の日本での生活に比べたら平気です。いつ爆弾が降るかわからないあの恐怖は、言葉で表せません。それでも、この自粛生活はストレスが溜まりますね」―大戦中を熊本県で過ごした帰伯二世、パラナ州ロンドリーナ市在住の汎熊本県人会元会長中川芳則さん(92 […]
  • 日系文学会が翻訳本2冊刊行=3年掛りの歴史ロマンスと短編集2020年6月10日 日系文学会が翻訳本2冊刊行=3年掛りの歴史ロマンスと短編集  ブラジル日系文学会(中田みちよ会長)からブラジル文学の日本語訳作品、近藤アンドレ著作でウンベルト・デ・カンポス賞を受章した短編集『おかえりなさい』(110頁)とルイス・アントニオ・アシス・ブラジル著作『草原のコンサート』(287頁)が刊行された。  ブラジル文学翻訳 […]