ホーム | 日系社会ニュース | 大城バネサ、奨励賞を受賞=日本作曲家協会の音楽祭で=長良川源流に記念歌碑も

大城バネサ、奨励賞を受賞=日本作曲家協会の音楽祭で=長良川源流に記念歌碑も

心を込め熱唱するバネサ

 【岐阜県羽島発】アルゼンチン出身の歌手、大城バネサ(37、沖縄系二世)が6月に「日本作曲家協会音楽祭2019」で奨励賞を受賞したことを記念し、活動拠点の岐阜県羽島市内で9日夜、祝賀会が行われた。登壇したバネサは、「たくさんの応援のおかげ」と200人を超える来場者に感謝し、自身の楽曲を場内全員で大合唱して祝った。
 奨励賞は若手から中堅を対象に、今後の活躍が期待される歌手を顕彰するもの。昨年のデビュー15周年記念楽曲「長良川悲恋」が長く愛好されそれが評価された。過去には三山ひろしほか、小桜舞子、はやぶさ、福田こうへいらが表彰されている。
 式後は本紙に対し「昨年の訪伯時は大変お世話になりました。歌を通して南米と日本の懸け橋として引き続き頑張ります!」と意気込み、さらなる応援を呼びかけた。
 また9月には地域貢献などから、長良川の源流にあたる同県郡上市のひるがの分水嶺公園に同曲の歌碑が建立された。除幕式には作曲者の岡千秋さんらも訪れ、発起人となった硲孝司初代郡上市長は、「歌詞に胸を打たれた。地元を歌ってくれ何かしてあげたい気持ちになった」と動機を語り、設置を喜んだ。(小倉祐貴通信員)


□関連コラム□大耳小耳

 「日本作曲家協会音楽祭2019」奨励賞の受賞祝賀会を行なった大城バネサは、沖縄系とあって首里城火災にひどく落ち込んだよう。「その日はたまたま朝早く起きて、テレビを見たらびっくり。思わず涙した」と傷心。会場では再建募金も呼びかけられ、1万円を寄付する人も。ウチナーンチュの絆は、あちこちで発揮されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》環境問題で岐路に立つブラジル=政権の監視緩和に厳しい声2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》環境問題で岐路に立つブラジル=政権の監視緩和に厳しい声  6月18日はブラジル日本移民の日だが、国際的には5日の「国際環境デー」の方が知名度が高い。日本でも6月を環境月間としているが、ブラジルでは環境月間という見方はないようだ。この環境問題は、ボルソナロ大統領の言動が世界とのズレを生じていることで、注目を浴びている部分でもあ […]
  • 《ブラジル》2020年の外国投資62%減=コロナ禍の影響避けられず2021年6月22日 《ブラジル》2020年の外国投資62%減=コロナ禍の影響避けられず  21日に国際連合貿易開発会議(UNCTAD)が発表したデータにより、2020年のブラジルへの外国投資は62%も減少していたことが明らかになった。21日付現地サイトが報じている。  同会議のグローバル投資動向モニターによると、2020年のブラジルへの国外からの投資は250億ド […]
  • 《記者コラム》10回目のデフォルトの瀬戸際にいるアルゼンチン2021年6月22日 《記者コラム》10回目のデフォルトの瀬戸際にいるアルゼンチン  「メキシコ人はインディオから、ブラジル人は密林から、我々は船に乗ってヨーロッパから来た。私の名字、フェルアンデスはその証しだ」――アルゼンチンのアルベルト・フェルナンデス大統領は9日、スペインのペドロ・サンチェス首相を首都ブエノス・アレスに迎えて、そう問題発言をし、ブ […]
  • 援協=JICA助成金建設委員会設立=新規会員は順調に205人増2021年6月15日 援協=JICA助成金建設委員会設立=新規会員は順調に205人増  サンパウロ日伯援護協会(援協、税田パウロ清七会長)は5月27日10時から、リベルダーデ区にある援協本部ビル5階講堂で5月定例役員会を開催した。援協にこれまで尽力してきた堀井文夫氏、毛利連(もうりむらじ)氏、末吉ショウジ・アルマンド氏の3氏が5月中に亡くなり、1分間の黙 […]
  • 《ブラジル》最高裁でもコパ・アメリカ覆らず=13日から試合開催へ2021年6月12日 《ブラジル》最高裁でもコパ・アメリカ覆らず=13日から試合開催へ  10日、最高裁でサッカーのコパ・アメリカの開催をめぐる判事投票が行われ、賛成多数で開催されることが決まった。10、11日付現地紙、サイトが報じている。  今回のコパ・アメリカは、当初開催予定だったコロンビアとアルゼンチンが、デモによる治安悪化やコロナ禍の悪化のために […]