ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》「視聴率どうだった?」せっかくの涙のコメント直後に

《ブラジル》「視聴率どうだった?」せっかくの涙のコメント直後に

元モデル、甘いマスクで女性に人気がある司会者ロドリゴ・ファロ(Renan Katayama)

 人気司会者ロドリゴ・ファロが24日、同僚司会者ググの追悼特集の中で涙の名コメントをした直後、自分の姿がテレビに映っていることに気がつかず「視聴率どうだった?」との発言を行ない、問題となった。
 この番組は、24日放送のレコルデ局の番組「オラ・ド・ファロ」だ。この日は、22日に米国にある別荘で事故死した人気司会者ググ・リベラートの追悼特集が組まれていた。ググの死はこの週末、ブラジル国内で最も報じられ、国民の話題になった。
 ファロは先輩司会者との思い出を語るなかで、気持ちが抑えられなくなり、涙声でしゃべり続けた。このシーンは感動的なものとして、いったんはツイッター上などでも視聴者に好意的に話題にされた。
 だが自分の語りが終り、カメラが別の中継に切り替わった際、ファロがすかさず番組関係者に「今の視聴率どうだった?」とたずねる場面が映し出されてしまった。音声は出なかったが、唇の動きで発言内容がバレ、視聴者は一気にしらけてしまった。
 ファロ本人としては、「中継のシーンなので、自分はカメラに映っていないだろう」と判断したものと思われる。だが実際のテレビ画面は、左半分は中継先、右半分はファロを映していた。
 番組では、まだググの追悼特集の続きであったことから、「なんと失礼な」との反応がツイッター上などを中心に起こり、ファロは批判の矢面に立たされてしまった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • にっけい文芸賞=赤嶺さん『裔孫』など=14日、文協で授賞式2015年11月7日 にっけい文芸賞=赤嶺さん『裔孫』など=14日、文協で授賞式  ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)による『2015年度にっけい文芸賞』の選考結果が発表された。 日本語部門では、笠戸丸に乗った沖縄系移民の足跡を徹底調査した「笠戸丸移民 未来へ継ぐ裔孫」(赤嶺園子著)が受賞。佳作は合同句集「樹海」、功労賞は「映画評論」(松平和也著)が選 […]
  • 年越し恒例のレヴェイロン=サンパウロ市やリオのみどころは?2015年12月30日 年越し恒例のレヴェイロン=サンパウロ市やリオのみどころは?  12月31日に、サンパウロ市毎年恒例の「レヴェイロン」がパウリスタ大通りで行われる。 パウリスタ大通りでのレヴェイロンは、コンソラソン近辺でステージを組んで「ショー・ダ・ヴィラーダ」と呼ばれる年越しショーを行うのが慣例だった。 だが今年は、地下鉄2号線ブリガデイロ駅近くのブリ […]
  • 国境越える刑事弁護=犯罪から邦人守る2016年1月22日 国境越える刑事弁護=犯罪から邦人守る  【共同】外国での犯罪に巻き込まれた日本人を守ろうと、関西の弁護士や大学教授ら約10人で結成した「国境なき刑事弁護団」(大阪市北区)が支援活動に取り組んでいる。言葉が通じず刑事手続きも異なる海外では、弁護士や通訳の問題から無実を訴えても相手にされないことがあり、メンバーの正木幸 […]
  • 世界こども図画コンテスト=青葉祭りで作品展開催=15日2009年8月13日 世界こども図画コンテスト=青葉祭りで作品展開催=15日 ニッケイ新聞 2009年8月13日付け […]
  • コラム オーリャ!2014年1月28日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2014年1月28日  サンパウロ市から2時間弱、バスで揺られるとイトゥーの町に着く。W杯で日本代表が合宿する場所だ。先般、彼らが滞在するホテルを訪れてみた。  長閑で普通の地方都市といった雰囲気―と思いながら乗ったタクシーの運転手は、「スキンカリオール(今はブ […]