fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》「視聴率どうだった?」せっかくの涙のコメント直後に

《ブラジル》「視聴率どうだった?」せっかくの涙のコメント直後に

元モデル、甘いマスクで女性に人気がある司会者ロドリゴ・ファロ(Renan Katayama)

 人気司会者ロドリゴ・ファロが24日、同僚司会者ググの追悼特集の中で涙の名コメントをした直後、自分の姿がテレビに映っていることに気がつかず「視聴率どうだった?」との発言を行ない、問題となった。
 この番組は、24日放送のレコルデ局の番組「オラ・ド・ファロ」だ。この日は、22日に米国にある別荘で事故死した人気司会者ググ・リベラートの追悼特集が組まれていた。ググの死はこの週末、ブラジル国内で最も報じられ、国民の話題になった。
 ファロは先輩司会者との思い出を語るなかで、気持ちが抑えられなくなり、涙声でしゃべり続けた。このシーンは感動的なものとして、いったんはツイッター上などでも視聴者に好意的に話題にされた。
 だが自分の語りが終り、カメラが別の中継に切り替わった際、ファロがすかさず番組関係者に「今の視聴率どうだった?」とたずねる場面が映し出されてしまった。音声は出なかったが、唇の動きで発言内容がバレ、視聴者は一気にしらけてしまった。
 ファロ本人としては、「中継のシーンなので、自分はカメラに映っていないだろう」と判断したものと思われる。だが実際のテレビ画面は、左半分は中継先、右半分はファロを映していた。
 番組では、まだググの追悼特集の続きであったことから、「なんと失礼な」との反応がツイッター上などを中心に起こり、ファロは批判の矢面に立たされてしまった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • たま駅長にみる日本の矛盾2015年8月21日 たま駅長にみる日本の矛盾  「ほら、可愛いでしょ」と猫好きの知人に見せられたのは、和歌山県貴志駅の駅長「たま」の写真。07年に〃駅長に任命〃されて以来、一躍人気者となり、6月に亡くなるまで同地に11億円に上る経済効果をもたらしたというまさに招き猫。葬儀には国内外から3千人が参列し、その旅立ちに涙した▼し […]
  • コラム 樹海2011年9月9日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2011年9月9日付け […]
  • 東西南北2014年10月30日 東西南北  8月に飛行機事故で他界した元大統領候補エドゥアルド・カンポス氏の長男、ジョアン氏(20)が、父が党首をつとめていたブラジル社会党(PSB)ペルナンブッコ州支部の運営局長に就任する。ジョアン氏はまだ大学生ながら10月の統一選挙への出馬を父に直訴。出馬そのものはかなわなかった […]
  • 交代閣僚の顔見え出す=17日までに内閣改造実施か2005年3月16日 交代閣僚の顔見え出す=17日までに内閣改造実施か 3月16日(水) […]
  • 大耳小耳2009年2月7日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2009年2月7日付け […]