東西南北

 ボウソナロ大統領が11月29日に行った「アマゾンの森林火災はレオナルド・ディカプリオに原因がある」という発言は、この週末、国際的な報道機関のみならず、芸能メディアでも報じられるなどして一般大衆にも広がり、「では、ブラジル海岸部に漂着した油はタイタニック号から来たのか」「どおりで主演最新作では火炎放射器を持っていたわけだ」などの冗談がネットで多く見られた。この発言にはディカプリオ本人も翌日反応し、ボウソナロ氏が主張した、「放火を行った(とされる)団体への間接的な寄付」に関し、「環境のために頑張る彼らのことは尊敬するけど、寄付をしたことはないよ」と反論した。
     ◎
 11月30日午前、リオ~サントス高速道のボイスカンガ付近で、ラグビー・チーム「アテナス」の関係者を乗せたバスが横転する事故が起きた。この影響で、13歳の少女1人が死亡したほか、12人が重軽傷を負い、ヘリコプターなどで病院に運ばれた。バスには全員で46人乗車しており、3人の指導者以外は13~20歳の少年少女だったという。事故の原因は現在調査中だが、このバスは乗客を乗せて走る許可を得ていなかったという。
     ◎
 1日のサッカーの全国選手権で、パルメイラスはフラメンゴに1―3といいところなく敗れた。今季の優勝チーム相手に、本拠地アリアンツのファンの前でせめて一矢報いたいところだったが、かなわなかった。この敗戦でパルメイラスはマノ・メネゼス監督を解任した。彼の前任のフェリポン監督もやはり、フラメンゴに敗れた直後に更迭されている。