2020年1月10日の記事一覧

《ブラジル》19年の外貨流出額は447億ドル=為替もレアル安、ドル高に動く

 2019年、ブラジルからのドルの純流出総額は447億7千万ドルを超えた、とブラジル中銀が8日に発表した。  これは、1982年の統計開始以来、単年度としては最大の外貨流出額だ。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

ポルタ・ドス・フンドス=人気コメディ・グループの映画がネットフリックスから締め出される=キリストの表現めぐり「検閲か」と物議

 12月の公開当初から物議を醸していた、コメディ・グループ「ポルタ・ドス・フンドス」のネットフリックス配信映画「キリスト 最初の誘惑」が8日、リオ地裁の判断でネットフリックスから削除されることになった。これをめぐり、「検閲行為だ」との声があがり、国際的な問題にも発展している。  「ポルタ・ドス・フンドス」は、2012年からユーチ ...

続きを読む »

《ブラジル》ミナス州州都で奇病が発生=男性ばかり8人罹患、死者も

 ブラジル南東部ミナス・ジェライス州の州都ベロ・オリゾンテ市で、男性ばかり8人が原因不明の奇病に罹り、1人が死亡。残りも重症と報じられている。  “ネオフロネウラル(nefroneural)”と名づけられたのは、年末の12月30日に最初の症例が報告されて以降、8人の患者の発生が確認されている奇病だ。他の症例を調べた結果、最も早く ...

続きを読む »

サンパウロ市=夏の大雨で犠牲者が発生=大陥没で車が飲み込まれる例も

 サンパウロ州ではこのところ、連日のように夏の大雨による被害が報告されているが、サンパウロ市では9日未明、雨を避けようとして鉄柵を乗り越えようとした路上生活者が、照明灯のポストに触れて感電死する事故が起きた。  亡くなったのは、3年前にゴイアス州ゴアイニアから出てきた、カイッキと呼ばれる青年だ。この青年は、サンパウロ市中央部のリ ...

続きを読む »

サンパウロ州=ドリア政権初年に経済が成長=国は1%増だが2・6%増=大統領選につなげたい実績=課題は否定的イメージの払拭

8日のドリア知事(GOVESP)  2019年にサンパウロ州が国を大きく上回る経済成長を記録したことを、ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)が2022年の大統領選につなげたいとしていると、9日付フォーリャ紙が報じている。  サンパウロ州財務局によると、同州は2019年に2・6%の経済成長を遂げたという。同年 ...

続きを読む »

C・ゴーン被告=日本検察・司法を強く批判=ベイルートで記者会見開く=ブラジル政府への恨み言も

 【既報関連】元日産自動車最高経営責任者(CEO)で、一昨年、金融商品取引法違反容疑で逮捕され、その後、保釈中に日本からレバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告が8日、レバノンの首都ベイルートで記者会見を行い、無罪を主張すると共に日本の司法制度を強く批判した。9日付ブラジル各紙・サイトが報じている。  昨年末の逃亡劇後、同被告が公 ...

続きを読む »

サンパウロ州=家庭内での傷害事件増加=女性殺人も記録を更新

 サンパウロ州保安局の集計によると、2019年1~10月の家庭内暴力による傷害事件は2万3226件で、前年同期比で12%増えたと9日付G1サイトが報じた。サンパウロ州では6日も、19年1~11月の女性殺人は前年の年間総数を超えており、記録を更新したと報じられた。  家庭内暴力による傷害事件は、2015年の2万262件以降、16年 ...

続きを読む »

《ブラジル》デング熱での死者が増加=過去21年間で2番目の高さ

 2019年のブラジルでのデング熱による死者は、1998年の統計開始後の21年間で2番目に多かったと、9日付現地紙が報じている。  保健省の発表によると、2019年は12月7日の時点で754人がデング熱で亡くなったことが確認されている。これは、2015年の986人に次ぐ、2番目に高い数字だった。  しかも、この数字はまだあがる可 ...

続きを読む »

サンパウロ州=大型高速道路コンセッションが成立=30年で140億レアルの投資

 【既報関連】サンパウロ州ピラシカーバ~パノラマ間の総延長1273kmに及ぶ高速道路の運営権入札が8日に行われ、ブラジルの投資会社Patriaのファンドとシンガポールのソブリンファンドが出資する共同事業体コンソルシオ・デ・インフラエストゥルトゥーラ・ブラジル(以下CIB)が、11億レアルで今後30年間の運営権を落札した。9日現地 ...

続きを読む »

安永忠邦さんが白寿祝い=全伯から一族232人が参集=「ブラジルに生まれて良かった」

 “移民の父”上塚周平の晩年を知る安永忠邦さん(98、二世)の白寿の誕生日会が4日午前11時半から、忠邦さん宅で開催された。サンパウロ州プロミッソン市の上塚植民地の自宅農園で生まれ育ち、今もそこに住む。北はアマゾナス州マナウス、南はパラナ州マリンガなど全伯から集った親族を中心に、聖市から野口泰在サンパウロ日本国総領事や友人ら23 ...

続きを読む »