2020年2月5日の記事一覧

《サンパウロ州》母の闘病と死で一念発起=公立校の問題児が医学部へ

 5年前、母親の棺に墓堀人夫が土をかけているのを見て、人の死が一気に現実のものとなる経験をした事などで、学校も休みがちだったそれまでの生活態度を改めて猛勉強。医学部合格を果たした青年がいる。  サンパウロ州内陸部カンピーナス市の公立高校生だったマテウス・ガルベリンさん(22)は、授業に全く興味がなく、学校もよく休む問題児だったが ...

続きを読む »

《ブラジル》州知事たちが大統領に反発=「州税を勝手にいじるな」と連名書簡

 ブラジル国内全26州の内、23州と、さらに連邦直轄区(行政区分上州扱い)の知事、合計24人が、3日に、ボウソナロ大統領が狙っている、ガソリンやディーゼル油にかかる商品流通サービス税(ICMS)の徴収方法の変更(事実上の減税)への反対姿勢を改めて示した。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員 ...

続きを読む »

《ブラジル》 「自分の写真を載せないで」 国民的女優の芸能界内での不人気ぶり

 ボウソナロ大統領からの連邦政府の文化局長就任依頼を承諾して話題となっている国民的女優、レジーナ・ドゥアルテ(72)。1960年代から50年以上にわたり、ブラジル国内で主演級の女優をつとめ、「ブラジルの恋人」との異名までとったが、そんな彼女は今、芸能界内での不人気ぶりに直面している。  圧倒的な左派支持で知られるブラジル芸能界の ...

続きを読む »

《ブラジル》ワインガルテン氏 企業との関係の報告怠る SECOM局長就任の際 虚偽申告を行った疑惑も 公費を使った会合も多数

 自分が共同経営している会社が毎月の支払を受けているテレビ局や大手広告代理店が経営する企業に、政府からの仕事を回しているとの疑惑を持たれた大統領府社会通信局(SECOM)のファビオ・ワインガルテン局長が、昨年4月の就任時に、大統領府倫理委員会に対し、自分の会社とこれらの企業との関係についての報告を怠っていたことがわかったと、4日 ...

続きを読む »

《ブラジル株式市場》ブラジル人参加率が過半数に=14年の統計開始以来初めて=ブラジル株から逃げる外国人投資家

コロナウイルス禍でやや下がったが、ブラジル株はまだ高水準だ(参考画像・HUGO ARCE / Fotos Publicas)  2014年以降、ブラジル証券取引所(B3・サンパウロ市)は毎年末、ブラジル株式市場におけるブラジル人投資家の参加比率と、外国人投資家の参加比率を算出している。  14年から18年までは常に、外国人投資家 ...

続きを読む »

リオ大都市圏=浄水場周辺に大量の洗剤=一時的に取水停止措置も

 【既報関連】水に色がつき、土のような味や匂いでも問題になったリオ大都市圏の水問題で、新たな安全性の不安が生じて、取水が一時的に停止される騒ぎが起きたと3~4日付現地紙サイトが報じた。  バイシャーダ・フルミネンセ地区ノヴァ・イグアスー市のグアンドゥ浄水場では水の色や味、匂いが年頭から問題になっているが、3日午後は、取水中の水に ...

続きを読む »

(リオ州)「ペゾンも共犯だった」 カブラル元知事が後継責める

 元リオ州知事(2007~14年)のセルジオ・カブラル被告は3日、リオ地裁での公判で、同被告の局長や副知事を歴任し、後任知事となったルイス・フェルナンド・ペゾン氏が「汚職計画を手伝った」と供述した。4日付現地紙が報じている。  カブラル被告は3日の公判で、報奨付供述者でオペレーター役だったセルジオ・デ・カストロ・オリヴェイラ(通 ...

続きを読む »

コロナウイルス=ブラジル政府が緊急事態宣言を発令=救出機の経由地はイスラエル

 【既報関連】ブラジル政府は3日、中国で発生しているコロナウイルス肺炎の世界的拡大を受け、「ブラジル領内における公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。3、4日付現地各紙・サイトが報じた。  ルイス・エンリケ・マンデッタ保健相は、これまで2としていた警戒レベルを、最大の3に引き上げることも発表した。  4日の段階では、コロナウイルスに ...

続きを読む »

東西南北

 最高裁や連邦議会などが活動を再開したが、子供たちにとってもそれは同様で、サンパウロ市の市立校は今日5日から新学期がはじまる。だが、4日付アゴラ紙によると、市教育局は清掃などを行う業者の入札を終えておらず、落札企業が決まるまでは清掃なども自腹で行わねばならない。市役所が年末に送付した金が残っていない学校などは、授業以外のことに頭 ...

続きを読む »

もはや高齢者スポーツではない!?=青壮年層が増加するゲートボール(上)=世代交代で新風吹き込む

 「高齢者も楽しめる競技に」。ブラジルゲートボール連合(UCGB/萩尾勝巳(はぎお・かつみ)ジュリオ会長)は、役員の世代交代を図り、青壮年層の競技人口も増加している。つまり「高齢者が楽しむ競技」から「高齢者も―」に変わりつつある。全伯の日系団体では高齢化による活動減退、若手参加者の不足が叫ばれているが、ブラジルゲートボール(以下 ...

続きを読む »