2020年2月28日の記事一覧

《ブラジルサッカー》止まらぬフラメンゴの進軍=早くも今年3個目のタイトル獲得

 昨年ブラジルと南米のサッカー界を席巻したフラメンゴの勢いが止まらない。16日にブラジルスーパー杯、22日にリオ州選手権のファーストステージ、グアナバラ杯を制したのに続き、26日にはエクアドルのインデペンディエンテ・デル・ヴァージェを倒してレコパ・スダメリカーナを制した。  わずか11日間で3個目、今年3個目の優勝(タイトル獲得 ...

続きを読む »

《ブラジル》強い寒波の到来で早くも降霜=サンタカタリーナ州山間部で

 25日の夜、ブラジル南東部のサンパウロ州で降った豪雨は、寒冷前線と同州内陸部の低気圧の相乗効果とされていたが、ブラジル南部のサンタカタリーナ州山間部では27日朝、今年1番の寒さとなり、霜が降りる所まで出た。  暦の上の夏が終る前に降霜を見たのは、全国一の低温をしばしば記録するウルペマ市だ。同市での朝6時の気温は0・98度で、視 ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロ=反議会、反最高裁のビデオ拡散=3月15日に抗議行動開催?=議会や最高裁、元大統領ら怒る=本人たちは火消しに走る

27日のボウソナロ大統領(Antonio Cruz)  自分を擁護する右派国民による反連邦議会、反最高裁の抗議集会を呼びかけるビデオを、ボウソナロ大統領が複数回ネットなどで拡散したことが、政界や司法界に大きな波紋を投げかけている。27日付現地紙が報じている。  事の発端は、ボウソナロ氏がカーニバル期間前に、確認されているだけでも ...

続きを読む »

《コロナウイルス》サンパウロ市株式が7%下落、続落傾向=パニック防止呼びかけるブラジル保健相=1ドル=4・5レアル直前へ

コロナウイルスの影響でレアルは対ドル最安値を更新し続けている(Jorge Araújo/Fotos Publicas)  【既報関連】ブラジル初の新型コロナウイルス肺炎(COVID―19)患者発生が確認されたことなどを受け、サンパウロ市株式市場が大幅下落した。  26日のサンパウロ市株式市場指数(Ibovespa)は、7%ダウン ...

続きを読む »

《ブラジル》確定申告は3月2日から=2万8559レ以上、4月末まで

 今年も確定申告の時期がやってきた。今年の確定申告の期間は3月2日から4月30日までなので、申告漏れや期限に遅れるのを避けるため、早めに準備を行うよう、税務署などが勧めている。  給与所得者の場合、2019年の年間所得が2万8559・70レアルを超えたら、確定申告が必要だ。この額には、13カ月給や各種手当も含まれている。この上限 ...

続きを読む »

《ブラジル・マラニョン州沖》大型鉱物タンカー沈没の危機=環境被害はまだ確認されず

 30万トンの鉱物積載能力を持つ韓国籍のタンカーMVステーラー・バナー号が、ブラジル北東部マラニョン州沖で沈没の危機にあると、26、27日付ブラジル各紙・サイトが報じた。  この船はブラジルの鉄鉱公社Vale社と契約しており、マラニョン州都サンルイス市の港湾ターミナル、ポンタ・デ・マデイラで、鉱物を積み、中国に向けて出航した。 ...

続きを読む »

《ブラジル》大統領新党が署名集めに大苦戦=市長選には間に合わず?

 ボウソナロ大統領の新党「ブラジル同盟(APB)」の党承認が、10月の全国市長選への出馬有効期限の3月までに間に合いそうにないと、27日付現地紙が報じている。  APBの候補者が10月の全国市長選に出馬するためには、3月中に49万2千票の署名が高等選挙裁判所によって正式に認められなければならない。だが、現時点で選挙高裁が認めた同 ...

続きを読む »

東西南北

 26日夕、今年のリオのカーニバルのスペシャル(SP)グループのデスフィーレ(パレード)の結果が発表され、ヴィラドウロが優勝した。同エスコーラは23年ぶり2度目の優勝だ。昨年、2部から再昇格し、2年目での栄光となる。最後まで首位争いを演じ、僅かの差で2位となったグランデ・リオも、1992年に優勝して以降、降格こそないもののSPグ ...

続きを読む »

AIは雇用を生むか、奪うか?=文協の先端テーマ講演会=「ソフトバンクと人工知能」

 ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)はブラジル日本青年会議所の協力をえて、講演会「ソフトバンクとAI(人工知能)/ラ米最大の技術投資基金(Softbank Innovation Fund、以下SIF)は社会にインパクトを与える」を、サンパウロ市の同大講堂で17日午後6時半から開催し、約500人が訪れ、熱心に聴講した。   ...

続きを読む »

JICA=「世界レベルを体感して!」=学生剣士エリートが来伯指導

 日本の学生剣士の最高峰ともいえる9人が「2019年度短期第1回日系社会海外協力隊」として、2月18日から1カ月間の短期で特別に教えに来伯している。  JICA企画調整員の永浦裕太さんによれば、現在ブラジル剣道のレベルは世界で4~8位程度。3年に一度開催される世界大会では、前回の韓国大会で「悔しい結果」に終わった。次の2021年 ...

続きを読む »