2020年3月17日の記事一覧

《ブラジルサッカー》伝統のグレ・ナウで退場者8人=424回目の対決はスコアレス

 ブラジル南部、リオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレに本拠を置く2大名門サッカーチーム、グレミオとインテルナシオナル(インテル)が12日、リベルタドーレス杯の舞台で初めて対戦。グレミオのホーム、アレーナ・ド・グレミオで行われたグループリーグ第2節の試合は、0対0の引き分けに終わったが、両チーム共に4人ずつ、合計8人の退場者 ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロ大統領、コロナ疑い隔離措置を抜け出し、支持者と接触=保健省の呼びかけを自ら破る=三権の対立を大統領が煽り、両院議長は厳しく批判

支持者と写真に収まるボウソナロ大統領(Jose Cruz/Ag. Brasil)  【既報関連】ボウソナロ大統領(行政府)を擁護し、議会(立法府)、最高裁(司法府)を批判するデモが15日に各地で発生。新型コロナウイルス災禍が拡大し、自らも罹患の疑いが生じたため、12日には「デモはやらなくて良い。感染リスクを高めるべきではない。自 ...

続きを読む »

ブラジル株6日で5度目のストップ安=開始24分で12%ダウン=レアル安進行史上初、ドル終値5レアル超

パウロ・ゲデス経済相(World Economic Forum/Ciaran McCrickard)  【既報関連】新型コロナウイルスショックによる、株安レアル安が止まらない。  先週5日間の取引で、株価急落による取引中断措置(サーキットブレーカー)発動が4回も起きたブラジル株式市場は、週明けの16日も、取引開始早々24分で12 ...

続きを読む »

《ブラジル》コロナ感染=感染者234人、擬似症2千人超=各州が封じ込め作戦を発表

 【既報関連】2月26日に国内初の新型コロナウイルスへの感染者が確認されて以来、16日で20日が過ぎたが、感染拡大は止まらず、対策本部を設置したりして、具体的な対策を検討、発表する州が出始めたと14~16日付現地紙、サイトが報じている。  サンパウロ州やリオ州では12日頃から、外国旅行者やそれらの人と接触した人といった枠では感染 ...

続きを読む »

《コロナショック》南米諸国も続々と国境閉鎖=自主的隔離を呼びかける国も

 【既報関連】中国や韓国、日本などのアジア諸国、イタリアやフランス、スペインなどに比べると感染ペースの遅いラテン・アメリカ諸国だが、その分、国境閉鎖などの思い切った措置を早めに取り始めていると、16日付ブラジル紙・サイトが報じた。  アルゼンチンのアルベルト・フェルナンデス大統領は15日、16日から15日間の国境閉鎖措置を発表し ...

続きを読む »

《ブラジル》PSL元党首のベビアノ氏急逝=リオ市長選出馬の目前に倒れる

 ボウソナロ氏の大統領選当選を可能にした立役者の一人だが、大統領次男でリオ市議のカルロス氏との確執などで大統領府総務室長官を更迭されたグスターヴォ・ベビアノ氏(56、民主社会党・PSDB)が、14日に急逝したと15、16日付現地紙が報じた。  ベビアノ氏は、社会自由党(PSL)創設者のルシアノ・ビヴァル氏の休職時に党首を務め、大 ...

続きを読む »

東西南北

 ブラジルサッカー連盟(CBF)は15日、16日からCBF主催の大会や試合の無期限中断を発表した。声明には「現在実施中のCBF主催の全国規模の大会(ブラジル杯、女子全国選手権1部、2部、17歳以下ブラジル選手権、20歳以下ブラジル杯)の試合は再開予定日時を決めずに中断する」と書かれていた。各州選手権は各州サッカー連盟の判断に任さ ...

続きを読む »

「人類へのしっぺ返しが新型肺炎」=生長の家総裁法燈継承記念式典=初の非日系理事長が就任

 生長の家ブラジル伝道本部(ジョゼ・アダウトン・デ・オリベイラ理事長)の「立教91年記念日・生長の家総裁法燈継承記念式典」が10日午前9時から、サンパウロ市ジャバクアラ区の本部貴賓室で開催され、約1千人が節目を祝った。  最初にブラジル国歌が盛大に唱和され、生長の家の活動紹介ビデオを上映、オリベイラ理事長が「若き谷口雅春師は19 ...

続きを読む »

生長の家ブラジルに新時代到来=初の非日系オリベイラ理事長就任

 生長の家ブラジル伝道本部に新時代が到来した。3月1日から初めての非日系人、ジョゼ・アダウトン・デ・オリベイラ氏(50)が理事長に就任した。3月3日に村上真理枝元理事長に伴われて来社し、「生長の家の教えが広まるほどブラジル社会は良くなる。まだ知らない人がたくさんいる。教えの良さを体験できる場をもっと提供して社会により大きな影響を ...

続きを読む »

池田さん訪日研修延期に=大阪・サンパウロ姉妹都市協会

 大阪サンパウロ姉妹都市協会(吉川秀隆会長)の招致で、昨年9月にブラジル日本都道府県人会連合会とブラジル日本語センターが共催した『第13回弁論大会』で、見事2位を受賞した池田アレックスさん(24、四世)が、訪日研修の挨拶で先月27日に本紙を訪れた。だがその後、新型コロナウイルスの影響で訪日延期となった。同協会の粟嶋裕さんと後任の ...

続きを読む »