2020年3月24日の記事一覧

《ブラジル》コロナショックにサッカーチームが立ち上がる=スタジアムや練習場を医療用地として提供

 ブラジルでは現在、新型コロナウイルスの感染が広がっており、国内全域でプロサッカーの公式戦が中断され、リベルタドーレス杯などの国際大会や、カタールW杯南米地区予選も延期が発表された。  試合がない中、選手の体力や試合勘を落とさないよう、トレーニングだけでも行いたいところだが、それも感染拡大につながる可能性があり、多くの州で禁じら ...

続きを読む »

《ブラジル》「4カ月給料をもらえない?」=非常事態宣言の中、ボウソナロ大統領衝撃の暫定令=国民や議会からの猛反発で即撤回

 【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大によって経済活動が落ち込んでいることで、感染拡大を抑制するための外出制限などに伴う勤務形態の変化とともに、解雇などが起きるのを避けるため、連邦政府が提唱していた対策に関し、ボウソナロ大統領が22日に暫定令(MP)を出したが、その中に、「雇用主は4カ月にわたって労働契約を停止し、雇用者への ...

続きを読む »

《ブラジル》コロナウイルスの死者34人、感染者1891人に=全国でコミュニティ感染拡大=サンパウロ州ではクアレンテーナ適用

 【既報関連】感染経路が確定出来ないコミュニティ感染が広がり始めた事で、ブラジルの新型コロナウイルス感染者数が急激に増えている。特に増加が激しく、22日現在の死者が22人に達したサンパウロ州では、21日に非常事態宣言が行われ、24日からは商店などの営業規制が強化される。サンパウロ州とリオ州では23日も死者が増え、死者の総数は34 ...

続きを読む »

《ブラジル》コロナ災禍に関する世論調査=大統領の「騒ぎはヒステリー」発言への不支持54%=デモ隊との交流も不支持68%

 【既報関連】ブラジル調査機関「ダッタフォーリャ」は23日、新型コロナウイルス災禍に対する、ボウソナロ大統領、各州知事、保健省の取り組みに関する調査結果を公表。それによると、ボウソナロ大統領への評価は「とても良い/良い」が35%、「普通」が26%、「悪い/最悪」が33%、「分からない」が5%だった。同日付現地サイトが報じている。 ...

続きを読む »

《ブラジル》コロナ対策でサッカー場に病院=芝生の上に200人収容テント

 【既報関連】サンパウロ市中心地にある伝統のサッカー場、パカエンブー競技場で22日、本来サッカーが行われる芝生の上に野戦病院型の医療施設の設営が始まった。ここには202のベッドが運ばれる。新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)の感染者が今後急増することが確実視されており、患者の受け入れ用の施設となると、22日付現地サイトが ...

続きを読む »

《ブラジル》マンデッタ保健相が地方選の延期を提案=次期高等選挙裁長官は慎重論を示す

 【既報関連】ブラジルのエンリケ・マンデッタ保健相は22日、コロナウイルス災禍の拡大を食い止めるための行動が、選挙戦に関連した政治的な判断や行動によって妨げられることのないように、今年10月に予定されている統一地方選挙を延期すべきとの考えを示した。  「私は選挙延期の可能性について、考え始めることを提案したい。状況を見れば、『市 ...

続きを読む »

東西南北

 イボッピが、10月に行われる聖市市長選の世論調査を行った。それによると、本番半年前の時点でのトップは支持率24%のセウソ・ルッソマノ氏で、それを現職のブルーノ・コーヴァス氏が18%で追う展開。18年のサンパウロ州知事選次点のマルシオ・フランサ氏は9%で3位で、18年大統領選に出馬したギリェルメ・ボウロス氏が8%で4位となってい ...

続きを読む »

コロナ危機=本紙印刷版発行を一時中断=25日からサイト更新のみ=緊急事態、読者のご理解を!

 ニッケイ新聞は23日に社内会議を開いた結果、諸々の状況を考え合わせ、25日(水)付から印刷版はしばらくお休みにし、インターネットのサイトだけ記事更新をしていくことになった。具体的にはPDF版とWeb版の発行を続ける。サイト上ではブラジル国内の翻訳記事(2面)と日系社会面の記事(7面)、樹海コラム、特別寄稿のみが更新される。コロ ...

続きを読む »

南東軍=アマロ陸軍大将招待の昼食会=日系将官が異例の勢揃い

 サンパウロ市南部にあるブラジル陸軍南東軍司令部(CMSE)のマルコス・アントニオ・アマロ・ドス・サントス総司令官(大将)は6日、野口泰在サンパウロ総領事に加え、日系社会代表者ら計39人を同司令部に招いて昼食会を行った。  陸軍ナンバー2だったヴァルテル・ソウザ・ブラガ・ネット氏が今年2月、ボウソナロ大統領から新官房長官に指名さ ...

続きを読む »

「4、5月の行事は自粛」=聖南西役員会で取り決め

 聖南西文化体育連盟(UCES=山村敏明会長)は14日午前9時から、ソロカバ市のソロカバ日伯文化体育連盟会館で定例役員会を開き「会議ごとに個人から食費を徴収する」、「コロナウイルスの拡散防止のため4、5月の行事を自粛する」、「UCES70年記念史に相撲部の歴史を加える」ことなどを決定した。会議には傘下の25団体の会長、副会長、相 ...

続きを読む »