2020年4月14日の記事一覧

臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(241)

 これが弁護士の弁明だった。  保久原正輝の主張で最も注目され、評価されたのはアララクァーラでは一度もテロ行為がなされなかった事実だ。  臣道聯盟の会員はみな働き者で、性穏和で、農業、商業などの分野に従事し、前科は全くなく、彼と同じようにみなブラジル国籍の子弟がある。ブラジル発展のため尽くす国民なのだ。サボタージュやテロ行為を行 ...

続きを読む »

ボウソナロ=反隔離の挑発続けた3連休=サンパウロ市では反隔離デモ勃発=国際的な報道にまで発展=マンデッタは怒りの反応

 10〜12日は3連休で、この期間中に新型コロナウイルスへの感染者が2万人台、死者が1千人台に達したにも関わらず、ボウソナロ大統領は街中を練り歩き、支持者たちと接触するなど、コロナ対策でやめるよう勧められていることを率先して行った。大統領のそうした行動に煽られて、11日にはサンパウロ市で隔離政策反対デモも起こり、国際的にも報道さ ...

続きを読む »

《ブラジル》新型コロナ感染2万3430人、死者1328人=各地で限界近づく患者対応力=リオ州のUTIは7割埋まる

 【既報関連】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者や死者の増加は止まらず、13日午後5時のブラジル保健省発表で、感染者2万3430人、死者1328人を数えるに至った。12、13日付現地各ニュースサイトが報じている。  6日現在のブラジル全体の死者数は553人(保健省集計)だったが、13日は1328人と、8日で2・4 ...

続きを読む »

コロナ禍=回復した人々が点す希望の灯=若い、持病ないとの油断禁物

 【既報関連】新型コロナウイルスの感染が拡大する中、回復した人々が「希望を失わないで」と呼びかけたりする姿が現地紙やサイトで報じられている。  一例は6日に退院し、サンパウロ州サンジョゼ・ドス・カンポス市で自宅療養に入ったナタリナ・シロナ氏(96)だ。彼女はコロナに感染前、脳血管障害を起こして入院し、3月17日に退院した。だが、 ...

続きを読む »

世界銀行=今年のブラジルGDPは5%減と予測=「弱者保護が重要」と指摘

 【既報関連】世界銀行は12日に、「COVID-19時代の経済」と題したレポートを発表し、「今年のブラジルの国内総生産(GDP)はマイナス5%で、来年はプラス1・5%、再来年はプラス2・3%になる」との予測を示した。12日付ブラジル国内サイトが報じた。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだ ...

続きを読む »

検察庁=アラス長官は大統領の防波堤?=コロナ対策への不満請求却下

 連邦検察庁のアウグスト・アラス長官がボウソナロ大統領の新型コロナウイルスに対する態度を問題視する訴えをことごとく退け、検察庁内外からも批判を受けていると13日付フォーリャ紙サイトが報じている。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信していま ...

続きを読む »

東西南北

 新型コロナウイルス対策の隔離政策に反対する11日のサンパウロ市のデモは世界的に報じられ、かなりの物議をかもした。死者が1万人に達する国も珍しくなくなっている欧米では当然、批判的な声も上がっている。だが、そんな中、日本でのツイッターなどでの反応には、安倍政権の隔離対策に対し、「仕事が休業中の補填に不満」とする声も多いことから、「 ...

続きを読む »

《ブラジル》モラエス・モレイラ急死=伝説のバンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー

 ブラジル音楽界を代表するミュージシャンの一人で、バンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー、モラエス・モレイラが13日、心不全によって死去した。72歳だった。  モレイラが亡くなったのは13日の午前6時頃と考えられている。彼はリオ市ガヴェア地区にある自宅でひとり暮らしをしており、家政婦が訪れた時はもう既に息を引き取っていたと、 ...

続きを読む »

《ブラジル》医療関係者の感染者増える=少なくとも18人が死亡

 【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、医療関係者の間での感染例も増えている。  公式な統計は出ていないが、テレビ番組「ファンタスチコ」が12日に報じたところによると、コロナ感染または感染の疑いで現場を離れるように指示された医師や看護師らは約7千人おり、少なくとも1400人の感染が確認され、18人が亡くなったという。 ...

続きを読む »

《ブラジル》ボクシング元世界王者がベルトをオークションに=売上金でコロナに苦しむ人を援助

 ブラジル人の元プロボクサーで、元WBA・WBO世界スーパーフェザー級王者、WBO世界ライト級王者にも輝いた、アセリノ・ポポ・フレイタス(44)が自分が獲得したチャンピオンベルトをチャリティー・オークションに出品。12日に、ベルトは9万レアル(約190万円)で売れたと告げるメッセージを自らのSNSに掲載した。  ブラジル国内でコ ...

続きを読む »