2020年4月23日の記事一覧

《ブラジル》新型コロナの感染者4万5757人、死者は2906人=感染検査体制拡大の動き=ブラジリアなどでドライブスルー検査

 新型コロナウイルスの感染はブラジル全土に広がり続け、22日午後4時の保健省発表では感染者4万5757人、死者2906人に達した。22日付現地各ニュースサイトが報じた。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込 ...

続きを読む »

《ブラジル》アラウージョ外相=「コロナは共産ウイルス」=政権関係者3人目の中国批判=米国に従い、WHOにも反抗

 エルネスト・アラウージョ外相がブログに「新型コロナウイルスは共産主義のウイルス」と書き、さらに世界保健機関(WHO)も批判したことで波紋を広げている。このところ、ボウソナロ政権関係者による、中国やWHOへの攻撃・批判が目立ち、今後の中国との関係やコロナ対策での不安を増大させかねない。22日付現地サイトが報じている。  アラウー ...

続きを読む »

《ブラジル》外出自粛で医療崩壊回避を=病院満杯、自宅で亡くなる人も

 【既報関連】新型コロナウイルスの感染者、死者数が全国一のサンパウロ州で、隔離率(接触削減率)が現状のままだと、深刻な病床不足が起きるとの試算が公表されたと21日付現地サイトが報じた。  サンパウロ州のコロナ対策センターの試算は、汎米保健機関とブラジル保健省、ブラジリア大学のデータを基にして行われた。  それによると、隔離率70 ...

続きを読む »

《ブラジル》軍政復古支持デモを捜査へ=大統領が含まれるかに注目

 【既報関連】19日に全国的に行われた、軍事クーデターや新たな軍政令第5条(AI5)の施行を求めたデモに関し、連邦検察庁が捜査開始の許可を要請、最高裁もこれを了承した。捜査対象者リストにはボウソナロ大統領は含まれていない。21日付現地サイトが報じている。  これは、連邦議会や最高裁の閉鎖など、反民主主義的な内容を問題視したアウグ ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ州のジョアン・ドリア知事は22日、同州の外出自粛令(クアレンテーナ)の今後に関し、「5月11日から徐々に規制を緩和していく」との発言を行った。だが、「どういう形で規制を緩めていくかなどについては、5月8日までは発表しない意向」であると語った。22日に同件に関する会見が行われることは事前に報じられており、もっと具体的な ...

続きを読む »

《アマゾナス州》人工呼吸器購入で水増し請求疑惑

   ブラジル北部のアマゾナス州の会計検察局は、同州政府が行った28台の人工呼吸器の購入に水増し請求があったとの疑いで捜査している。21日付ニュースサイトが報じた。  州検察は、「州政府が28台の人工呼吸器の購入に費やした金額は297万レアル(1台平均10万6250レアル)だが、連邦政府は同様の人工呼吸器を1台平均5万7300レ ...

続きを読む »

ブラジル日産=ブラジル国内従業員に一時帰休制度を採用=ブラジル政府による解雇防止政策

 ブラジル日産は22日、ブラジル国内の一部の従業員に対し、1カ月間の一時帰休制度を採用することを決定した。  3月23日から操業を停止していた、リオ州レゼンデ市の同社工場は、5月21日まで操業停止期間を延長する。  この工場で直接組み立てラインに入っていた従業員は、形式上、雇用契約が中断されるが、その間はブラジル政府からの失業手 ...

続きを読む »

在日ブラジル人=「皆で協力して危機乗り越える」=浜松市在住の二世、増子さん=09年の大量解雇時に活躍

 「国の雇用対策が機能することを信じているが、再び深刻な影響が出る場合は、支援団体を組織し、必ず支援活動を行う」――静岡県浜松市で伯国食品店「セルビツー」を経営する増子利栄(としえい)さん(70、二世)を先月23日にサンパウロ市内ホテルで取材した際、新型コロナウイルス感染拡大によるデカセギ雇用危機に対して、そう力強く語った。増子 ...

続きを読む »

新日系コミュニティ構築の鍵を歴史に探る=傑物・下元健吉=その志、気骨、創造心、度胸、闘志=ジャーナリスト 外山脩=(15)

産青連(下) 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  1938年、下元健吉は動き始めた。中央会に属する組合を各地に訪れ、 ...

続きを読む »

居酒屋一茶=『原口さんのお弁当』開始!=焼き鮭やカレー、生姜焼き等

 外出自粛令開始から1カ月、サンパウロ市リベルダーデ区バロン・デ・イグアッペ街の居酒屋「一茶」が22日(水)から、8種類の『原口さんのお弁当』を始めた。クアレンテーナ(検疫)中、飲食店はデリバリー(配達)とヴィアージ(持ち帰り)のみ可能なので日本食弁当となった。  担当する原口政信さんは店主マルガリーダさんの夫にして、40年の歴 ...

続きを読む »