2020年4月29日の記事一覧

《ブラジル》最高裁がモロ証言の捜査を許可=大統領の連警違法介入で=携帯電話の情報公開あり得る=疑惑の連携長官人事で波紋

 【既報関連】最高裁のセウソ・デ・メロ判事は27日、セルジオ・モロ前法相が24日の辞任会見で言及した、「ボウソナロ大統領が連邦警察の捜査に干渉しようとした」ことなどに関する捜査開始を認める判断を下した。また、27、28日には新法相と新連警長官も正式に発表された。27、28日付現地紙、サイトが報じている。 【無料朝刊サービス登録】 ...

続きを読む »

《ブラジル》新型コロナの感染者7万1886人、死者5017人=感染者の黒人比率高まる=ワクチン治験志願182人

 【既報関連】ブラジル保健省は28日午後の定例会見で、新型コロナウイルスの感染者は7万1886人、死者は5017人と発表した。前日発表から、感染者は5385人(8・1%)、死者は474人(10・4%)の増加だ。そんな中、コロナ入院患者における「褐色を含む黒人」(以下「黒人」)の比率が高まっていること、ワクチン開発のための治験に1 ...

続きを読む »

《ブラジル》コロナ感染でAVC発生?=現場の医師が警告発する

 【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、死因が特定できない死者や自宅で亡くなる人が増えているが、コロナ感染に伴って起こり得るものに脳血管障害(AVC)もあると28日付現地紙が報じた。  コロナ感染症は病状が急変する例が多く、検査結果が死亡・埋葬後に出た例、死亡後の検査で感染が判明した例、検査さえ行っていない例が相当数出 ...

続きを読む »

国外の在住ブラジル人3800人が立ち往生=1万7千人がブラジル政府の援助で帰国

 【既報関連】新型コロナウイルスの世界的大流行で、今でも世界74カ国に約3800人のブラジル人が取り残されていると、28日付のブラジルのニュースサイトが報じた。  ブラジル外務省による、「74カ国3800人」の発表は27日に行われた。新型コロナウイルスが世界中で蔓延し始めて以来、現地大使館や領事館の支援を受けて帰伯したブラジル人 ...

続きを読む »

《ブラジル》2回目のコロナ援助金の支払い開始=長蛇の行列を避けるには?

 連邦政府による新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、非正規雇用者らへの2度目の緊急援助金の支払いが、27日に始まった。支払い先の銀行では長蛇の列ができ、感染拡大も懸念されている。28日付現地紙、サイトが報じている。  今月9日に始まった第1回目の支払いでは、3130万人に対し、220億レアルが払われたが、2回目の今回も、支払い解 ...

続きを読む »

東西南北

 24日の電撃辞任以来、セルジオ・モロ前法相、ボウソナロ大統領の両支持者が「国民の期待を裏切った」と、ネット上で互いを中傷し合うことを繰り返している。それは、モロ氏が辞任会見で言及したボウソナロ氏による連邦警察への介入などの捜査を最高裁が認めたことでさらに過熱化しそうだ。ダッタフォーリャの最新の調査だと、「モロ氏と大統領のどちら ...

続きを読む »

ブラジル=自動車メーカー従業員の7割以上が一時帰休か時短労働措置=一斉大量解雇を避けたいブラジル政府の施策に乗る

 ブラジル政府はコロナショックのせいで、国内の企業が従業員を最大2カ月間、形式的に解雇して、その間の失業手当を支払い、仕事に復帰した後は解雇期間の2倍は雇用し続けなくてはならないとする一時帰休制度や、従業員の勤務時間を一定の割合で減らし、同じ割合で給料も差し引く、時短労働・給与削減制度を認めた暫定令を出し、議会もそれをスピード承 ...

続きを読む »

ブラジルTV番組=「BBB20」が復活大成功=テコ入れが功を奏す

 27日夜、グローボ局の人気番組「ビッグ・ブラザー・ブラジル(BBB)」の最終回が放送され、第20シーズンにして、10年ぶりの高視聴率を稼ぐ大成功を収めた。  「BBB」は2002年に第1シーズンの放送が始まった。元々のビッグ・ブラザーはオランダの番組で、名のない若者を共同生活させ、その中で人気のない人を毎週1人ずつ脱落させ、最 ...

続きを読む »

《ブラジル》1千レアルの人工呼吸器=USPが開発、承認待ち

 新型コロナウイルスの感染拡大で人工呼吸器の需要が高まっているが、サンパウロ総合大学(USP)が、市場価格の15分の1という廉価な人工呼吸器を開発。現場での臨床試験を行った後、国家衛生監督庁(Anvisa)の承認を得るべく、準備を進めている。  重症のコロナ感染症患者には必需品ともいえる人工呼吸器を少しでも迅速に、かつ廉価で調達 ...

続きを読む »

11人が受勲の栄誉に輝く=コロナ吹き飛ばす春の叙勲=芸術、政治、経済など多分野で

 「今回の叙勲の受賞を、心の底から嬉しく思います。それと同時に、今まで以上に日伯間の交流と発展に貢献できるよう、より一層励まねばと感じております」――春の叙勲を受勲した一人、飯星ワルテル氏は電話取材に応じて、そう丁寧に、嬉しそうに答えた。日本政府は4月29日、2020年(令和2年)春の受勲者を発表した。ブラジルからは邦人2人、外 ...

続きを読む »