2020年6月10日の記事一覧

《ブラジル》コロナ数字隠蔽に国内外から抗議殺到=最高裁が即時開示命じる=死者4万人越え目前

 【既報関連】新型コロナウイルスの感染者数や死者数に関する報告形態や時間帯を変えた事で、国内外から批判された保健省が、8日夜、「今後は、累計も含めた全てのデータを更新し、より早い時間に公表する」と約束したと8、9日付現地紙、サイトが報じた。9日は実際に午後7時までに発表され、1日の死者数1272人(計3万8406人)、感染者3万 ...

続きを読む »

《ブラジル》大統領「無症状の人からの感染はゼロ」=WHOの発言を都合よく解釈

ボウソナロ大統領(Marcos Correia/PR)  ボウソナロ大統領は9日の閣議の席上、世界保健機関(WHO)が行った発言の一部を都合よく解釈し、商業活動の早期再開は可能とする発言を行った。これは、新型コロナウイルスの感染者が70万人を超え、死者数でも世界第2位の英国との差が段々縮まっている中での発言だった。9日付現地サイ ...

続きを読む »

《ブラジル》ゲデス経済相=低所得者向けベーシックインカム創設へ=緊急支援金をもう2回支払い

9日のゲデス経済相(Marcos Correa/PR)  パウロ・ゲデス経済相は9日、コロナウイルス蔓延中の低所得者救済策としての緊急援助金支払いをあと2回行うと発表し、さらに、若者雇用プログラムの「カルテイラ・ヴェルデ・アマレロ(CVA)」復活と、コロナ後にボウサ・ファミリアを含めた形のより大規模な基礎所得制「レンダ・ブラジル ...

続きを読む »

《ブラジル》「髑髏にナイフ」ブローチで物議=保健省ナンバー2が記者会見で

 保健省ナンバー2が髑髏(どくろ)にナイフを刺したデザインのブローチを付けて、コロナウイルス関係の記者会見などに登場していると物議を醸している。9日付現地サイトが報じている。  問題となっているのは保健省ナンバー2にあたるエウシオ・フランコ氏で、保健相を代行しているエドゥアルド・パズエロ氏がスタッフとして登用した軍人のひとり。保 ...

続きを読む »

《サンパウロ州》コロナ死者数が新記録334人=累計は9522人で1万人目前

 【既報関連】経済活動再開を視野に入れ、1日から社会隔離の新基準を導入したサンパウロ州で、コロナによる1日の死者数が新記録を更新したと9日付現地サイトが報じた。  この数字は、9日に行われた同州知事らによる定期会見で報告された。9日現在の感染者は前日より5545人増えて15万138人、死者は344人増えて9522人となった。定例 ...

続きを読む »

東西南北

 米国のワシントン・ポスト紙によると、現在、全米で起こっている黒人に対する人種差別に反対するデモに、同国民の74%が賛成しているという。トランプ大統領所属で保守派の共和党支持者も、「53%対47%」で賛成が上回っている。トランプ大統領は破壊行為参加者を「テロリスト」と呼んで非難しているが、それに賛成する国民は10%のみ。66%は ...

続きを読む »

特別寄稿=マチュピチュ村を作った日本人=ペルーに生涯捧げた野内与吉=サンパウロ市在住  酒本 恵三

廃墟のような先住民の村が世界遺産に 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  マチュピチュ。南米ペルーの世界遺産。この謎に ...

続きを読む »

文協=6月20日に国際日系デー=オンラインで世界から参加

国際日系デーイベント告知画像

 ブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)は6月20日(土)20時に、「国際日系デー」を祝うためのオンラインイベントをユーチューブとフェイスブック上で生中継する。人気バンド「パット・フー」の歌手、高井フェルナンダさん、野口泰在サンパウロ日本国総領事やブルーツリーホテルの青木智栄子社長が出演するほか、オンラインという利点を活かし ...

続きを読む »

手づかみで体得したブラジル=19年度交流協会生の体験談(5)=大谷陽子「自分は自分でいいんだ」

トラブル満載だったイグアスへの旅

大谷陽子(島根県、35)。2018年に学習塾を辞職し、ブラジル日本交流協会(http://anbi2009.org/)の研修制度に参加。研修先は二宮法律事務所。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申 ...

続きを読む »

日系文学会が翻訳本2冊刊行=3年掛りの歴史ロマンスと短編集

「おかえりなさい」と「草原のコンサート」の表紙

 ブラジル日系文学会(中田みちよ会長)からブラジル文学の日本語訳作品、近藤アンドレ著作でウンベルト・デ・カンポス賞を受章した短編集『おかえりなさい』(110頁)とルイス・アントニオ・アシス・ブラジル著作『草原のコンサート』(287頁)が刊行された。  ブラジル文学翻訳集の第5巻目となる『おかえりなさい』の著者、近藤アンドレさん( ...

続きを読む »