2020年6月11日の記事一覧

《ブラジル》パラー州でも知事らに人工呼吸器不正購入疑惑=謎の“予言者”下議「次はドリア」=大統領の宿敵ばかり?

パラー州のバルバーリョ知事(Valter Campanato/Agencia Brasil)  10日午前、アマゾン河口にあるパラー州で、エルデル・バルバーリョ知事(民主運動・MDB)らを対象とした、新型コロナウイルス対策のための人工呼吸器不正売買疑惑に関する捜査が行われた。同様の捜査は5月26日にリオ州でも行われ、ウイルソン・ ...

続きを読む »

《ブラジル》11日にコロナ死者4万人超え確実=隔離緩和の動き拡大へ

 【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、隔離緩和の動きが続き、裁判沙汰や混乱も起きていると9、10日付現地紙、サイトが報じた。  政府による数字隠蔽などの混乱が起きていた保健省の公式サイトは、最高裁の命令後、詳細な情報掲載を再開した。それによると、10日現在の1日の感染者は3万2913人(計77万2416人)、死者は ...

続きを読む »

《ブラジル》マリエレ事件殺害犯の協力者を逮捕=「大統領一家は無関係」と市警

マリエレ氏(Renan Olaz)  2018年3月に起きたマリエレ・フランコ・リオ市議と運転手アンデルソン・ゴメス氏殺害事件に関し、実行犯が犯行に使った銃器を預かっていた容疑で、消防士のマクスウェル・シモンエス・コレア容疑者(通称スエル、44)がリオ市で10日朝逮捕された。市警は同事件へのボウソナロ大統領一家の関与の可能性を否 ...

続きを読む »

《ブラジル》レジーナ特別文化局長、最終的に解任=移動先も後任も不明確なまま

レジーナ(Antonio Cruz/Agencia)  5月に「移動」という形で連邦政府の特別文化局長の座を降りることが明らかにされていた女優のレジーナ・ドゥアルテ氏が、10日付で正式に解任された。文化局長の後任は不明のまま。10日付現地サイトが報じている。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.   ...

続きを読む »

《ブラジル》GDPは7・4~9・1%減?=OECDがコロナ禍で下方修正

 経済開発協力機構(OECD)は10日、2020年の世界経済は景気後退(リセッション)に陥り、国内総生産(GDP)は6%のマイナス成長となるが、ブラジルはそれを上回る7・6%の縮小となるとの見通しを発表したと同日付ブラジル国内サイトが報じた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済み ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ市では10日より、商店や不動産屋の営業再開が認められた。ショッピングセンターは11日から。今回の営業再開には様々な制限がかけられており、一般商店の営業時間は11~15時、ショッピングセンターは6~10時か16~20時の4時間となっている。どちらも営業規模を外出自粛前の20%にまで落とさなければならない。それでも経営者 ...

続きを読む »

《ブラジル》保健省が7千万レアルを投資=先住民向けのコロナ対策に

 一般人より免疫力が弱く、感染症への備えが脆弱な先住民を保護するため、保健省が特別なコロナ対策を進めている。  保健省が先住民向けのコロナ対策として投じてきた資金は約7千万レアル。全国にある34の先住民保健特別区(DSEI)には既に、安全用具などが600万点以上送られている。  ブラジル国内には、305部族、75万人以上の先住民 ...

続きを読む »

同一基準で動ける容易さと、違いを乗り越える努力

「民主主義と命を守るため」との横断幕を掲げたサンパウロ市でのデモ(7日、Guilherme Gandolfi)

 コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務が始まって以来、コンピューター(CPU)やソフトが違うと作業手順などが全然違うと実感している。  ソフトの差による手順増は会社でもあったが、在宅だと各自のCPUで作業するため、手順の差が大きくなる。自分のCPU(ノートブック)で作った文書を在宅作業用に用意されたプログラムに載せ、会社のCPUで ...

続きを読む »

サンパウロ州モジ・スザノ編=自粛生活の心がけを聞く=イベント開催を試行錯誤=「家ですき焼き、車で映画」

2019年 モジ入植100周年式典で感謝状を渡された功労者の皆さん(Foto oficial = Wanderley Sasaki)(参考写真)

 「この自粛生活でストレスをためている方を考えると本当に心苦しいです。今回モジ文協として初の試みですが、ドライブイン・シアターと持ち帰りでのすき焼き祭りを予定しています。外出できず鬱憤が溜まった皆さんに少しでも楽しんでいただければと思って企画しました」――モジ文協の津田フランキ会長(三世、52歳)はそう語った。外出自粛措置から早 ...

続きを読む »

プロジェクト元気で生産者支援=日系ラーメン店がオンライン販売

プロジェクト元気ロゴ

 サンパウロ市ブタンタン区にある日系人経営のラーメン店Lamen the Bowl(ラーメン・ザ・ボウル)は、新型コロナウイルスにより小規模生産者や中小企業が経済的に打撃を受けていることから「PROJETO GENKI(プロジェクト元気)」を開始した。  プロジェクトでは農協婦人部連合会(ADESC)などの生産者や農家、授業を行 ...

続きを読む »