fbpx

2020年8月19日の記事一覧

≪ブラジル≫21年度予算で軍事費特別扱い=50%増、教育費上回る=コロナ禍直撃の学校関係者猛反発

18日のボルソナロ大統領(Carolina Antunes/PR)  連邦政府が現在作成している2021年度予算案で軍事費が大幅に増加し、2011年以降初めて教育予算を上回ることが予想され、反発を招きはじめている。17日付エスタード紙が報じている。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録は ...

続きを読む »

≪サンパウロ州≫補修授業・個別指導など9月から一部再開可=本格的な対面授業開始は10月=SP市は全て10月からに決定

 10月7日からサンパウロ州の学校で対面授業再開が予定されているが、段階的緩和措置「サンパウロ計画」のレベル3(黄色)が28日間続いている地域の公立・私立学校に関しては、希望があれば9月8日から補修授業や個別指導、スポーツ活動(reforço, tutoria e atividades esportivas)の再開が可能になった ...

続きを読む »

≪ブラジル≫最高裁がLJ主任解任審理を差止め=薄氷踏むダラグノル捜査官

ダラグノル検察官(Zeca Ribeiro)  デウタン・ダラグノル検察官をラヴァ・ジャット作戦主任捜査官から解任するかどうかを決める18日の全国検察委員会(CNMP)の審理を、最高裁のセウソ・デ・メロ判事は17日に一時差止めにした。18日付現地紙が報じている。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン. ...

続きを読む »

≪ブラジル≫猛烈な南極おろし北上中=サンパウロ州でも雪?!

 「農業関係者は要注意!」――非常に強い南極おろしがブラジル南部を北上し始めており、最も影響を受ける地域では一日で最大10度も温度が下がる所や、雪が降る可能性もあるという。18日付各伯字メディアが「歴史的寒さ」になるのではと報じている。  この寒冷前線は19日頃にリオ・グランデ・ド・スール州に入り、数日間をかけて北上すると予想さ ...

続きを読む »

≪ブラジル≫10歳中絶少女の叔父逮捕=4年にわたって姪に強姦行為

 【既報関連】昨日付本紙でも報じた、極右運動家サラ・ウィンター氏が実名を公表したことで大問題となった、妊娠中絶を行ったエスピリットサント州の10歳の少女を強姦・妊娠させて、逃亡していた叔父が18日に逮捕された。18日付現地サイトが報じている。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済み ...

続きを読む »

≪ブラジル≫郵便が全国スト突入=多方面に混乱広がる

 郵便局が全国的にストに入った。これは郵便労働者組合連合(FENTECT)が17日22時に決めたもので、終結する期日は決められていない。  同連合によると、ストの理由は「民営化の反対」「コロナ禍における労働者の衛生状態を経営側が無視している」ことにあり、労働者の権利が保証されるまで戦うとのこと。 【無料朝刊サービス登録】PDF版 ...

続きを読む »

東西南北

 6月にサンパウロ市南部で起こった15歳の少年、ギリェルメ・シウヴァ・ゲデス君の殺害事件に関して、サンパウロ州地裁は殺害の関与が疑われる2人の軍警への逮捕命令を下した。事件は6月14日、誤って倉庫に踏み入ったギリェルメ君が犯罪者と間違われ、郊外のジアデマまで連れて行かれて銃殺されたものだった。中でも第2容疑者と目されているのは軍 ...

続きを読む »

聖南西=明暗分かれる日本語学校 =支えは地域文協の理解と協力 =教師パソコン疲れ、生徒激減も

 コロナ禍になって初めて、聖南西教育研究会(渡辺久洋会長)の第224回定例会が8日午前、3時間にわたってオンライン開催された。3月以降の傘下8日本語学校の動向が報告され、閉校の危機に直面する深刻なところから、オンライン活用が上手くいっているところまで明暗が分かれた。運営主体である地域文協の支援のあり方が問われる半年間の実態が報告 ...

続きを読む »

長崎県人会=「75年長崎平和への願い」=ポ語字幕付、初動画配信

ユーチューブチャンネル画像

 ブラジル長崎県人会(森繁親会長)は20日19時30分から、長崎被爆75周年を記念した「75年長崎平和への願い(75 anos Esperança de Paz em Nagasaki)」をユーチューブ上で動画配信することを決定した。  これは、2019年の長崎平和祈念式典での県知事と市長のスピーチ、2020年の安倍晋三総理のス ...

続きを読む »

航空各社=出国時にPCR検査求める=陰性証明書の提示義務化

 ブラジル出国の際にPCR検査陰性証明書の取得を求める航空会社が増えていることから、在サンパウロ日本国総領事館は必要な書類などの事前確認するよう注意喚起を行っている。 エミレーツ航空では、8月初めからサンパウロ日本間でドバイを経由する場合(トランジットのみを行う場合を含む)、出発前96時間以内に発行されたPCR検査陰性証明書を携 ...

続きを読む »