2020年10月28日の記事一覧

《サンパウロ州》蚊対策にNASA製機械=ピニェイロス川で試験運用中

ピニェイロス川沿いに設置された機械(Divulgacao/Emae)  サンパウロ州のメトロポリタン水とエネルギー公社(Emae)が、アメリカ航空宇宙局(NASA)が開発した機械を使った水辺の蚊対策を試行している。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

《ブラジル》コロナワクチン義務化巡って最高裁で審理へ=大統領対ドリア知事の対決の側面も=目立つ大統領側言動の矛盾

 最高裁が新型コロナウイルスのワクチン接種を国民に義務化させるか否かの審理を行う意向で、現状では大半の判事が義務化を支持しているという。27日付現地紙が報じている。  新型コロナウイルスに対する予防接種を義務化するか否かの議論は、今月16日にジョアン・ドリア・サンパウロ州知事がサンパウロ州では予防接種を義務化すると発表したのに対 ...

続きを読む »

《ブラジル》モウロン副大統領=アマゾンへの軍派遣を延長=不法伐採などの犯罪撲滅へ

21日の討論会でのモウロン副大統領(Romerio Cunha/VPR)  モウロン副大統領が26日、法定アマゾンでの環境犯罪撲滅を目指す「ブラジル緑作戦第2弾」を来年4月まで延長する意向を表明したと26日付現地紙サイトが報じた。 ※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会 ...

続きを読む »

《リオ市》伝統ある有名病院で火災=コロナ入院患者が1人死亡

 27日午前、リオ市北部のボンスセッソ連邦総合病院で火災が発生し、1人が死亡、約200人が避難する事態となった。27日付現地サイトが報じている。  火災は27日午前9時40分頃、リオ北部にあるボンスセッソ病院の第1病棟で起こった。27日午後3時の段階では火災の原因そのものは正式発表されていないが、地下から出火したことが報告されて ...

続きを読む »

《サンパウロ市》家屋販売が12・7%増加=需要増や資材不足で価格上昇

 サンパウロ商用・住宅不動産売買・賃貸・管理業者組合(Secovi-SP)によると、サンパウロ市での新築家屋の販売は12カ月間で12・7%増えたと27日付現地紙が報じた。 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き ...

続きを読む »

《リオ》伝説ロック歌手の未発表曲発見=海賊版販売疑惑で市警が捜査

 ブラジルの伝説的ロック歌手、レナト・ルッソの未発表音源を違法に売ろうとした人物に対する捜査が行われ、30曲分の未発表曲が警察に押収された。27日付現地紙が報じた。  捜査対象となったのは、1996年に死去したレナトが晩年使っていたリオ市のスタジオだ。リオ市警は26日、レナトの息子ジュリアーノ・マンフレディーニ氏が1年ほど前から ...

続きを読む »

東西南北

 サッカーのリベルタドーレス杯決勝トーナメントの組み合わせが24日に発表された。ブラジル勢は16チーム中6チームを占めているが、今年はベスト16の試合でつぶし合うことがなく、6チーム共、他国のチームと戦う。だが偏りはあり、一方の山にグレミオ、サントス、フラメンゴ、インテルナシオナルとブラジル4チームが固まった。もう一方の山ではア ...

続きを読む »

特別寄稿=中曽根先生を偲ぶ~晩年の言葉=東京在住 田中 茂(元参議院議員)

 中曽根康弘先生が空の彼方の故郷へ帰られて、1年が過ぎようとしています。この間、世界は新型コロナウイルスの猛威に襲われ、これまで築き上げてきた豊かな社会生活が一変する事態となりました。  日本では感染状況がやや落ち着いてきたこともあり、先生の内閣・自由民主党合同葬儀が、10月17日に行われました。これまでにも先生の考えや言葉をこ ...

続きを読む »

大使館=自衛隊記念日祝い夕食会開催=エレーノGSI長官らも出席=大統領「日本移民に感謝」と伝言

前列左から3番目がエレーノ長官、その中央が山田大使、前列右から2人目が金井一等陸佐(大使館提供)

 山田駐ブラジル日本国大使は23日午後7時から、伯国安全保障関係者を招き、ブラジリアの大使公邸にて自衛隊記念日夕食会を行った。これは恒例として行われてきた自衛隊記念日レセプションがパンデミックにより中止されたことを受け、適切な予防措置をとりつつ、日伯間の防衛・安全保障分野の一層の関係強化を願って行ったもの。 【無料朝刊サービス登 ...

続きを読む »

ジャパンハウスすでに再開=衛生強化、段階的に営業拡張

19日生配信で再開について話すクルッグ館長とナターシャ企画局長

 20日(火)、聖市のジャパンハウス(JH、エリック・アレシャンドレ・クルッグ館長)が再開された。政府衛生局が示す感染対策ガイドラインを遵守した上で、サンタクルス病院の感染症課へ指導を依頼して更なる安全強化へ取り組んでいる。  前日の19日には、ユクルッグ館長やナターシャ・バルザ・ギジェネン企画担当局長が出演して再開する20日か ...

続きを読む »