ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》保証判事制=ラヴァ・ジャット担当判事に強く影響=最も響くのはブレッタス=地裁でも実施可能か疑問=検察庁は早速注文つける

《ブラジル》保証判事制=ラヴァ・ジャット担当判事に強く影響=最も響くのはブレッタス=地裁でも実施可能か疑問=検察庁は早速注文つける

ブレッタス判事(Agencia Brasil)

 昨年12月にボウソナロ大統領が裁可した汚職防止法に含まれる項目の一つの「ジュイス・ダ・ガランチア(保証判事制)」により、ラヴァ・ジャット作戦の判事の権限が従来より限られる可能性が出てくると、10日付フォーリャ紙などが報じている。

 「保証判事制」は、検察からの犯罪捜査開始要請や銀行口座や通信記録の公開要請などを認め、逮捕令状などを出す判事と、検察からの起訴状を受け付け、裁判を担当する判事を別々にする、というものだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ