ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》女子柔道リオ五輪で金のラファエラ・シウヴァ=ドーピング違反で2年間出場停止

《ブラジル》女子柔道リオ五輪で金のラファエラ・シウヴァ=ドーピング違反で2年間出場停止

東京五輪出場の道が絶たれようとしている、リオ五輪金メダリストのラファエラ・シウヴァ(Roberto Castro/ Brasil2016)

 国際柔道連盟は25日、2016年のリオ五輪女子柔道57キロ級で金メダルを獲得した、ブラジル人柔道選手、ラファエラ・シウヴァをドーピング違反で2年間の出場停止処分とすると発表した。

 ラファエラ・シウヴァは昨年8月にペルーで行われたパン・アメリカン競技大会におけるドーピング検査で、違反が指摘された。これにより、同大会でシウヴァが獲得した金メダルは剥奪処分となった。

 発見された禁止物質はフェノテロールで、喘息などの呼吸器疾患の治療に使われる。この物質は運動選手のパフォーマンスを向上させるとして、使用禁止物質に指定されていた。

 シウヴァは、違反が発覚したときから、「赤ん坊をかわいがるときに、鼻を赤ん坊になめさせることがある。喘息治療の薬を使っていた赤ん坊が自分の鼻をなめて、体内に入った」と弁明していたが、国際柔道連盟はそれを認めなかった。この赤ん坊は、シウヴァの練習相手を務める選手の子供だ。

 シウヴァは国際スポーツ裁判所(CAS)に訴える構えだ。

 シウヴァの担当弁護士は、「こうした裁判は通常6カ月かかるが、東京五輪が迫っているという事情も考慮して、早めに結審されるべき」と語っている。

 シウヴァは、書面で「CASによる最終裁定が出るまでは、疑惑に関するコメントを避ける」と表明した。(25日付G1サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2007年12月12日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2007年12月12日付け […]
  • 東西南北2017年1月21日 東西南北  20日のブラジル国内でのニュースはテオリ最高裁判事急死のニュースで持ちきりだった。とりわけ、社会的注目度の高かったオデブレヒトのデラソンが承認される直前に、悪天候での飛行機墜落死という状況を、2年半前に大統領候補だったエドゥアルド・カンポス氏が急死したことと重ね合わせ、その偶 […]
  • 大耳小耳2016年1月27日 大耳小耳  1月発行の「コチア青年会報」第33号は読み応えがある。8年間も勤務した事務局の樺島幸子さんが2月の総会を機に退職するというショックな「お別れの挨拶文」に始まり、花嫁移民の体験談が続々と掲載されているからだ。秋吉寿子さんは最初、リオのマカエ入植地にいた頃、庭にドラム缶をすえて何 […]
  • 亜国=カブトムシめぐる汚いビジネス戦争=《中》=人気が引き起こす密輸2010年1月28日 亜国=カブトムシめぐる汚いビジネス戦争=《中》=人気が引き起こす密輸 ニッケイ新聞 2010年1月28日付け  カブトムシ コガネムシ科の大形の黒い昆虫。オスは頭に角を持つ。幼虫は堆肥や枯葉を食い、成虫は夏に現われ、樹液を吸う。 […]
  • 今年は〃ブラジル映画の年〃=上映本数は史上最高に=興行収入は2億4千万レ2013年11月30日 今年は〃ブラジル映画の年〃=上映本数は史上最高に=興行収入は2億4千万レ ニッケイ新聞 2013年11月19日  ブラジルの映画産業が好調だ。今年の国産映画の上映本数は115本と史上最高数となり、興行収入は1億レだった昨年の2倍以上の2億4千万レに上った。 […]