ホーム | ブラジル国内ニュース | 米国移民問題=不法入国のブラジル人をメキシコ送りに=「言葉話せず立場弱い」とも

米国移民問題=不法入国のブラジル人をメキシコ送りに=「言葉話せず立場弱い」とも

 【既報関連】米国トランプ政権は1月29日に、米国とメキシコの国境から米国に不法入国を試みたブラジル人は、入国審査を待つ間、メキシコに送り返されると発表した。

 既に、未成年者4人を含む少なくとも10人のブラジル人が、1月29日の夕方にはメキシコのシウダード・フアレス市に送られた。

 ビザを持たずに入国しようとする外国人を送り返すことはこれまでも行われてきたが、これまでは母国に直接送還されていた。

 米国は昨年、入国審査を待つ間の外国人の保護をメキシコに負わせるという移民保護協約をメキシコと結んだ。メキシコはアフリカ人、インド人、アジア人の受け入れを拒否。これまでは、グアテマラやエルサルバドル、ホンジュラスを中心とする中米諸国民だけを受け入れてきたが、今回から、ブラジル人もその対象に加えられた。

 米国のケン・クッチネッリ市民権・移民局副長官代理は、「メキシコの受け入れ対象にブラジル人も加わったことは喜ばしい」とした。

 ブラジル人はこれまで、米国入国を試みて捕まっても米国内の施設に置かれ、移民局出頭日時も米国領内で知らされていた。

 メキシコと国境を接する米国側の町エル・パソ在住で、移民問題に詳しい弁護士のテイラー・レヴィ氏は、メキシコ側の同僚からの情報を受け、「メキシコに送られたブラジル人は、スペイン語も話せず、ポルトガル語を話せる弁護士も見つけられないから、立場が弱い」とのツイートを流した。

 ブラジル外務省は、ブラジル人が米国に入国を試みて捕まった場合はメキシコ領内に送り返されることは正式に知らされていると、1月30日にコメントした。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 米国へのブラジル人不法入国=逮捕者数は1年で10倍超に=入国審査の間は刑務所に=トランプの言いなりの外務省2020年2月18日 米国へのブラジル人不法入国=逮捕者数は1年で10倍超に=入国審査の間は刑務所に=トランプの言いなりの外務省  米国に不法入国して逮捕されたブラジル人移民が1年で10倍以上に膨れ上がり、米国で入国審査を待つ間も米国の刑務所で非人道的な扱いを受けていると15日付エスタード紙が報じている。  2018年度(前年の10月1日から当該年の9月30日まで)に米国に不法入国して逮捕された […]
  • 青年海外協力隊員から陶彫作家、モジお茶屋敷へ2019年10月8日 青年海外協力隊員から陶彫作家、モジお茶屋敷へ  来社対応を終えて、なにげなく編集部入口の古本売り場をみたら、見覚えのある特徴的なヒゲを持つ男性の後姿がみえた。「珍しい人が来られましたね」と声をかけたら、やっぱりモジ市コクエラ在住の陶芸家・中谷哲昇さん(あきのり、76、大阪府大阪市出身)だった。  中谷さんは「本を […]
  • 商議所シンポ=日メルコスルEPAへ要望続々=韓国勢、中国勢の攻勢激しく=官民一体で新政権との関係構築を2019年8月27日 商議所シンポ=日メルコスルEPAへ要望続々=韓国勢、中国勢の攻勢激しく=官民一体で新政権との関係構築を  ブラジル日本商工会議所の総務委員会(讃井慎一委員長)と企画戦略委員会(大久保敦委員長)が主催する、2019年下半期の業種別部会長シンポが22日午後、サンパウロ市内ホテルで開催され、不透明な先行きの中にもいく分の好転要素が確認された。日本メルコスルEPA交渉開始を求める […]
  • 「日本祭りへの提言」への県連としての見解=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫2019年5月23日 「日本祭りへの提言」への県連としての見解=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  去る5月4日のニッケイ新聞6ページで「巨大商業化した日本祭りへの提言/来場者のための本当のカイゼン」と題した特別寄稿として、5つの点で率直なご指摘ありがとうございました。  しかしながら、一般への誤解を招かないためにも私の見解を県連(ブラジル日本都道府県人会連合会) […]
  • 大耳小耳2019年4月5日 大耳小耳  3日、ペルー・リマの国会で、日本人移住120周年記念式典が行われた。これを皮切りに祭典事業が開始される。ペルー移民はブラジルよりも歴史が古く、集団移住が始まったのは1899年4月3日。同日は両国の友好の日と制定されており、毎年、国会で式典が開かれているという。当日は、今年7月 […]