ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》レシフェ=クルーズ船でコロナ感染者?=新たな対応策が迫られる

《ブラジル》レシフェ=クルーズ船でコロナ感染者?=新たな対応策が迫られる

擬似症患者が出て隔離状態に置かれているクルーズ船(13日付G1サイトの記事の一部)

 ペルナンブコ州保健局が13日、12日にレシフェ港に着いたクルーズ船の乗客が新型コロナウイルス感染症らしき症状を呈したため、乗客乗員計609人が船ごと隔離状態に置かれたと発表したと13日付現地紙、サイトが報じた。
 件の乗客は78歳のカナダ人男性で、心筋梗塞の可能性があるとして市内の病院で受診したが、発熱や咳、息苦しさなどを訴えたため、医師がコロナ感染を確認するための検査を受けさせた。
 13日午後3時現在も検査結果は不明だが、擬似症患者発生を知らされた国家衛生監督庁は、乗客乗員の下船と新たな乗客の乗船を禁じた。
 この船は、チリ、アルゼンチン、ウルグアイを経てブラジルに到達。国内ではサンタカタリーナ州イタジャイー、リオ州パラチー、同ブージオス、バイア州サルバドールの各港にも寄港しているが、男性の乗船場所は明かされていない。
 乗客318人と乗員291人は現在、各船室に留まっている。また、船が停泊中の岸壁も隔離され、船から出るゴミの投棄も禁じられた。下船禁止は予備的措置で、今後の対応は検討中だ。
 なお、この船が通過してきたチリやアルゼンチンは新型コロナウイルスの感染者が確認されており、アルゼンチンでは死者も出ている。
 ラ米でのコロナ感染確認は、2月26日に感染者が出たブラジルが最初だ。ラ米の感染者確認国は、ブラジル、エクアドル、メキシコ、アルゼンチン、ドミニカ共和国、チリ、ペルー、コロンビア、コスタリカ、パラグアイ、パナマ、ガイアナだ(ベネズエラはデータなし)。アルゼンチンでは7日と13日、パナマでは10日、ガイアナでは11日に死者が発生している。
 コロナ感染で死者も出たガイアナや衛生状態に不安があるベネズエラと国境を接するロライマ州は11日、エンリケ・マンデッタ保健相に国境封鎖を要請したが、同相は封鎖を否定。一方で、13日に国民向けに、無症状の外国旅行者は7日間の自宅軟禁を保ち、その間にコロナ感染症と思しき症状が出たら医療機関で受診、既に症状がある旅行者は14日間自宅軟禁を保つよう、勧告を出した。
 ラ米では、アルゼンチンなど5カ国が観察対象国からの旅行者の入国制限を始めた他、コロナ流行国との間の航空便の運行停止や国境封鎖を実施中の国もある。

image_print

こちらの記事もどうぞ