ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ウェイントラウビ教育相=人種差別的口調で中国を挑発=大統領三男の騒動に続き

《ブラジル》ウェイントラウビ教育相=人種差別的口調で中国を挑発=大統領三男の騒動に続き

 アブラアン・ウェイントラウビ教育相が4日、漫画「トゥルマ・ダ・モニカ」のキャラクターを使って、中国人のポルトガル語の発音をからかう形で、中国を挑発するようなツイッターの投稿を行い、物議を醸した。4日付ブラジル国内サイトなどが報じている。
 ウェイントラウビ教育相はこの日、漫画「トゥルマ・ダ・モニカ」で実際に描かれた、中国の万里の長城に同漫画のキャラクターたちを添えた挿絵を使い、Rの発音をLで話すキャラクター、セボリーニャの使う文体を中国人の話すポルトガル語の口調を真似ながら、「この世界的危機に優位に立つのは誰? セボリーニャかな? セボリーニャが世界征服する完璧な計画を助けるブラジルのお友達は?」などというコメントをツイッターに載せた。
 中国とブラジルの関係は、3月18日に大統領三男のエドゥアルド下議が、中国で起きた新型コロナウイルスを1986年のソ連でのチェルノブイリ原発事故と比較し、「あの国は大事な何かを隠している」と陰謀論を唱えたことから、在ブラジル中国大使館から強い抗議を受けたばかりだった。
 仲間からの抗議を受けて、ウェイントラウビ氏はこのツイートを削除したが、相変わらず、中国が新型ウイルス感染症に関する正しい情報を流さなかったことなどを批判した。在ブラジル中国大使館は6日未明、抗議声明を出し、ツイート内容や人種差別的な口調に対し、強い不快感を示した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ州=コロナを利用し汚職疑惑=州元保健局副局長を逮捕2020年5月8日 リオ州=コロナを利用し汚職疑惑=州元保健局副局長を逮捕  【既報関連】リオ州検察局は7日、州の人工呼吸器購入に関わる組織犯罪に加担した疑いで、同州元保健局副局長のガブリエル・ネヴェス氏を逮捕した。  人工呼吸器は、現在世界を襲っている新型コロナウイルスとの戦いにおいて、必要不可欠な医療機械だ。  検察は、ネヴェス氏以外にも4人が […]
  • 《ブラジル》3月の工業生産は前月比9・1%減=コロナの影響如実に2020年5月6日 《ブラジル》3月の工業生産は前月比9・1%減=コロナの影響如実に  ブラジル地理統計院(IBGE)が5日に発表した3月の月次工業調査(PIM)によると、3月の工業生産は、2月に比べて9・1%減少したことが分かった。  今年の3月を昨年3月と比較すると3・8%のマイナスで、3カ月の移動平均は2・4%マイナス、今年の累積では1・7%マイナス、直 […]
  • 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に2020年5月8日 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に  【既報関連】サンパウロ総合大学(USP)医学部がサンパウロ市内6地区の住民ボランティアに行っている、新型コロナウイルスの免疫検査が8日に終了すると7日付現地紙サイトが報じた。  この検査はサンパウロ市内のコロナ感染の実態を探るためのもので、4月17日現在で住民10万人あたり […]
  • 《ブラジル》1~3月の失業率12・2%=コロナの影響は4月以降か2020年5月1日 《ブラジル》1~3月の失業率12・2%=コロナの影響は4月以降か  ブラジル地理統計院(IBGE)が4月30日に発表した全国家庭サンプル調査(Pnad)によると、今年1月~3月の平均失業率は12・2%、失業者の実数は1290万人だったことが分かった。同日付現地ニュースサイトが報じた。  この数字をその直前の昨年10~12月の平均失業率10・ […]
  • 《ブラジル》作詞家のアウジール・ブランキ死去=コロナに感染して犠牲に2020年5月5日 《ブラジル》作詞家のアウジール・ブランキ死去=コロナに感染して犠牲に  ブラジルを代表する作詞家の一人、アウジール・ブランキが4日、リオ市北部の病院で新型コロナウイルスにより死去した。73歳だった。  1946年にリオで生まれたアウジールは当初は精神科医だったが、73年に医師をやめ、並行して行っていた作詞家としての道を選んだ。  その矢先、当 […]