ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボウソナロ大統領に強い影響力を持つ極右思想家オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏が7日未明に突如、大統領を批判するツイートを流した。同氏は以前から「大統領が自分を擁護してくれない」と不満を述べており、「政権を倒す」とまで書き、騒然となった。だが、同日夜には「大統領を100%信頼する」と態度を変えた。オラーヴォ氏は様々な人から名誉毀損で訴えられており、歌手のカエターノ・ヴェローゾの裁判では多額の賠償金の支払いを命じられて困っていた。大統領が募金を認めたことで「金の手はずがついたから発言を撤回した」との報道もあるが、支持するもしないも金次第?
     ◎
 サンパウロ市がコロナウイルス対策緩和の一環として、8日から市内のバスの台数を増加させた。今回追加したのは784台で、1日の運営台数は9178台となった。これにより、運行台数は外出自粛令施行前の71・62%まで回復したことになる。今回の本数増加は、バス車内の混雑を避け、「座席数分しか乗せない」を実行させるための方策で、最大約2千台の追加が可能だ。依然として死者増加が続く中での緩和は気になるが、うまく行ってくれれば。
     ◎
 6日、環境警察がサンパウロ市近郊のコチアで違法な闘鶏を行っていたとして、関係者28人を逮捕した。警察は35羽の鶏(2羽は死亡)を発見。蹴爪を切った後にはめるプラスチックの輪93個と皮の輪12個、金属製のくちばし11個、帽子9個を押収した。サンパウロ州では1月にも、違法闘鶏で1千羽の鶏が保護されたが、このような動物虐待はやめるべきでは。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》モラエス・モレイラ急死=伝説のバンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー2020年4月14日 《ブラジル》モラエス・モレイラ急死=伝説のバンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー  ブラジル音楽界を代表するミュージシャンの一人で、バンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー、モラエス・モレイラが13日、心不全によって死去した。72歳だった。  モレイラが亡くなったのは13日の午前6時頃と考えられている。彼はリオ市ガヴェア地区にある自宅でひとり暮ら […]
  • ヴィラーダ・クウツラル=今年は460万人もの動員=サンパウロの24時間文化イベント2019年5月22日 ヴィラーダ・クウツラル=今年は460万人もの動員=サンパウロの24時間文化イベント  18日夕方からの24時間、サンパウロ市恒例の、コンサートを中心とした文化イベント「ヴィラーダ・クウツラル」が行われ、460万人を呼び込む大盛況となった。  今年で15回目を迎えたヴィラーダは、市内250の会場で、1200もの催しを行う大規模なものとなった。  最も観衆を集 […]
  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(228)2020年3月12日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(228)  家にはネナと下の三人の子どもしかいなかった。銅像広場のオリヴェイラ先生の中学予備校に通っているツーコ、小学校3年生のヨシコと1年生のジュンジだ。四人は母といっしょに恐ろしいシーンを眺めた。息子を叩きつけながら正輝はうなり声を上げていた。家にマンガを置くことは絶対に許さないと正 […]
  • サンパウロ市=レヴェイロン今年も開催=ブラジル音楽史の大物2人が中心2018年12月28日 サンパウロ市=レヴェイロン今年も開催=ブラジル音楽史の大物2人が中心  31日、サンパウロ市恒例の年越しイベント「レヴェイロン・パウリスタ」が例年どおり、市内最大の繁華街パウリスタ大通りで行われる。  レヴェイロンそのものは全国の多くの都市で行われている年越しイベントで、「レヴェイロン・パウリスタ」は毎年、パウリスタ大通りで行われる。設営ステー […]
  • ■訃報■豊田ルミさん2020年3月12日 ■訃報■豊田ルミさん  サンパウロ州サンカエターノ市在住で、ブラジル愛知県人会の元会長、元愛知県費留学生の豊田(とよだ)ルミさんが、10日午後11時にマリア・ブライド病院で亡くなった。  死因は胆のうがんで、1カ月程前から入院していた。癌が進行し手術を行うことも難しい状態だったという。享年 […]