fbpx
ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボルソナロ大統領に強い影響力を持つ極右思想家オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏が7日未明に突如、大統領を批判するツイートを流した。同氏は以前から「大統領が自分を擁護してくれない」と不満を述べており、「政権を倒す」とまで書き、騒然となった。だが、同日夜には「大統領を100%信頼する」と態度を変えた。オラーヴォ氏は様々な人から名誉毀損で訴えられており、歌手のカエターノ・ヴェローゾの裁判では多額の賠償金の支払いを命じられて困っていた。大統領が募金を認めたことで「金の手はずがついたから発言を撤回した」との報道もあるが、支持するもしないも金次第?
     ◎
 サンパウロ市がコロナウイルス対策緩和の一環として、8日から市内のバスの台数を増加させた。今回追加したのは784台で、1日の運営台数は9178台となった。これにより、運行台数は外出自粛令施行前の71・62%まで回復したことになる。今回の本数増加は、バス車内の混雑を避け、「座席数分しか乗せない」を実行させるための方策で、最大約2千台の追加が可能だ。依然として死者増加が続く中での緩和は気になるが、うまく行ってくれれば。
     ◎
 6日、環境警察がサンパウロ市近郊のコチアで違法な闘鶏を行っていたとして、関係者28人を逮捕した。警察は35羽の鶏(2羽は死亡)を発見。蹴爪を切った後にはめるプラスチックの輪93個と皮の輪12個、金属製のくちばし11個、帽子9個を押収した。サンパウロ州では1月にも、違法闘鶏で1千羽の鶏が保護されたが、このような動物虐待はやめるべきでは。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説2020年3月20日 また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説  先週末からのブラジル政界の展開があまりにも怒涛で、早くも忘れられがちであるが、14日午前、グスターヴォ・ベビアーノ氏が心臓発作で急死した。  死は自宅で突如襲われ、同氏の息子の眼の前で亡くなったと言うが、これをめぐり、「本当に自然死なのか」と怪しむ声が少なくなかった […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]
  • 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年10月14日 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  11月15日投開票でブラジル各市町村の首長と議会(議員)の選挙が行われます。  4年に1度の今回の選挙は、新型コロナウィルスのパンデミック下での選挙なので、集会などの選挙運動は行われず、従来と相当異なった選挙結果が出ると思われます。  私共に身近なサンパウロ市議会 […]
  • サンパウロ市市長選=今後の鍵握る選挙放送開始=持ち時間豊富なコーヴァス=ルッソマノは逃げ切り狙い=ネットで巻き返すかボウロス2020年10月10日 サンパウロ市市長選=今後の鍵握る選挙放送開始=持ち時間豊富なコーヴァス=ルッソマノは逃げ切り狙い=ネットで巻き返すかボウロス  9日、全国で市長選の選挙放送が始まった。投票日の3日前まで毎日テレビとラジオで放送される、投票者への影響力が強い放送の開始で、選挙戦がどう変わっていくかが注目されている。9日付現地紙が報じている。  選挙放送は、9日から11月12日まで続けられる。放送が行われるのは […]