ラーメンあすか営業再開=伊藤さん「自宅で味わって!」

持ち帰りラーメン

持ち帰りラーメン

 「この3カ月の休業期間で売上は全滅、一切ありません。まさかここまでコロナの影響が続くとは予想してなかったですよ」―サンパウロ市リベルダーデ区のラーメン店「あすか」の伊藤武店長(78・秋田県)は落胆しながら語った。
 新型コロナウイルスによるクアレンテナ(検疫)が発令されてから3カ月が経ち、19日より一部営業を再開した。
 伊藤さんは「コロナでどこも大変ですが。皆で頑張りましょう」と語り、「当店は持ち帰りでも麺が伸びないようにスープと別の容器にいれています。大変な中ではありますが、あすかの変わらぬ味を家で食べて安心してください」と話した。

 ラーメンあすかは、持ち帰りのみ提供。スープと麺・具を別々の容器に入れて提供中。
 スープは鳥ダシ風と豚骨風の2種類から選ぶことができる。また味は、塩・醤油・味噌の3種類。卵やチャーシュー、ねぎやのり、キムチ、メンマなど追加のトッピングも多種多様。
 商品は店頭受け渡しのみ。注文は日本語対応可。営業日は火~日曜日、11時~19時。月曜日及び、最終日曜日は休業。注文の電話は(11・3277・9682)。所在地(Rua Galvao Bueno,466,liberdade)。