ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 6日からの外出自粛の規制緩和で、サンパウロ市では飲食店だけでなく美容院も再開した。外出自粛期間中、セルフカットが流行していたが、誰にでもできることではないので、伸び切った髪をなんとかしたい人は少なくない。再開した美容院に関する報道も行われているが、美容師は視界が限られるフェイスガードをつけての対応で、カットの場所も間隔が空けられ、一人あたりの持ち時間もコロナ前より長めに取られている。店内が混んではいけないだろうから、要予約で行くことも勧められる。身だしなみ上、美容院は必要な存在でもあるので、集団感染して再び営業停止とならないことを祈りたいところ。
     ◎
 サンパウロ州が定める外出自粛の基準に素直に従わない市も出てきている。商店の営業規則は市に決める権限があるから、それも可能。サントアンドレ市では、州が定めた「バール(軽食堂)の営業は17時まで」という規則を破り、23時30分までの営業を認めており、むしろ「17時からが営業」という感じの時間だ。夜間の方が飲酒が伴うから客単価が上がり、バール側には利益率が高いようだ。このあたり、他市から羨望が集まるだろうから、業界代表と州側の更なる話し合いが求められそうだ。
      ◎
 サンパウロ市地下鉄にストの可能性が浮上している。6月に給料カットが起こったため、労組と地下鉄側が交渉を行っているが7日に行なったものが決裂。14日に再度、交渉が行われる。これでうまくいかないと1、2、3号線と15号モノレール線がストに突入してしまうが、果たしてどうなるか。代替バスが混みすぎると、コロナ感染へも悪影響となりかねない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》遠隔授業で国内外の生徒獲得?=コロナ禍での予期せぬ副産物2021年4月21日 《ブラジル》遠隔授業で国内外の生徒獲得?=コロナ禍での予期せぬ副産物  新型コロナのパンデミックで対面授業ができず、学力が低下する生徒などが出る一方、遠隔授業の恩恵を満喫している生徒や学校もある。  サンパウロ大都市圏サンタナ・ド・パライバ市の私立校の新入生のダミアン君(7)は、2千キロ以上離れたボリビアのサンタクルス・デ・ラ・シエラ市 […]
  • 《ブラジル》連邦地裁判事=「早期治療は大統領の政治発言」=キット薬死亡事件を市警が捜査=批判高まる政権のコロナ対策2021年4月21日 《ブラジル》連邦地裁判事=「早期治療は大統領の政治発言」=キット薬死亡事件を市警が捜査=批判高まる政権のコロナ対策  14日、連邦地裁判事が「薬効が証明されていない薬品を使った早期治療推奨は大統領による政治発言」との判断を下すなど、コロナ禍をより深刻化させたとして連邦政府が推奨する「コロナ感染症キット」への批判が高まっている。また、決定的な治療法を欠くコロナ感染症に対し、国家衛生監督 […]
  • 《サンパウロ州》バス運転手や慢性病患者もワクチン接種へ=期待より早い入院数や死者減少2021年4月21日 《サンパウロ州》バス運転手や慢性病患者もワクチン接種へ=期待より早い入院数や死者減少  サンパウロ州政府は20日、コロナワクチン接種に関する最新日程を発表。5月からは、慢性の持病を持っている人や電車やバスの職員への接種もはじめられることになった。20日付現地サイトが報じている。  サンパウロ州は19日に、5月11日からサンパウロ市内地下鉄、CPTMの職 […]
  • 東西南北2021年4月21日 東西南北  今日21日は「チラデンテスの日」で国民の祝日。だが今年の場合、少し事情がややこしい。それは、3月26日から4月4日に大型連休「フェリアドン」を採用した大サンパウロ都市圏の自治体の中に、チラデンテスを前倒し使用した市があったためだ。一部の報道機関は、サンパウロ市などもチラデンテ […]
  • 《ブラジル》零細・小企業が62万超誕生=コロナ禍での生き残りをかけて2021年4月20日 《ブラジル》零細・小企業が62万超誕生=コロナ禍での生き残りをかけて  零細・小企業支援サービス機関(Sebrae)によると、20年は62万6883の零細・小企業が誕生した。内53万5126(85%)は零細企業、9万1757は小企業だった。  零細企業の内2万398は事務所関連または経営支援のサービス、1万6786は衣類やアクセサリーの […]