ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 6日からの外出自粛の規制緩和で、サンパウロ市では飲食店だけでなく美容院も再開した。外出自粛期間中、セルフカットが流行していたが、誰にでもできることではないので、伸び切った髪をなんとかしたい人は少なくない。再開した美容院に関する報道も行われているが、美容師は視界が限られるフェイスガードをつけての対応で、カットの場所も間隔が空けられ、一人あたりの持ち時間もコロナ前より長めに取られている。店内が混んではいけないだろうから、要予約で行くことも勧められる。身だしなみ上、美容院は必要な存在でもあるので、集団感染して再び営業停止とならないことを祈りたいところ。
     ◎
 サンパウロ州が定める外出自粛の基準に素直に従わない市も出てきている。商店の営業規則は市に決める権限があるから、それも可能。サントアンドレ市では、州が定めた「バール(軽食堂)の営業は17時まで」という規則を破り、23時30分までの営業を認めており、むしろ「17時からが営業」という感じの時間だ。夜間の方が飲酒が伴うから客単価が上がり、バール側には利益率が高いようだ。このあたり、他市から羨望が集まるだろうから、業界代表と州側の更なる話し合いが求められそうだ。
      ◎
 サンパウロ市地下鉄にストの可能性が浮上している。6月に給料カットが起こったため、労組と地下鉄側が交渉を行っているが7日に行なったものが決裂。14日に再度、交渉が行われる。これでうまくいかないと1、2、3号線と15号モノレール線がストに突入してしまうが、果たしてどうなるか。代替バスが混みすぎると、コロナ感染へも悪影響となりかねない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り2021年6月26日 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り  老人福祉施設「憩の園」を運営する救済会(吉岡黎明会長)は、7月4日に「フェスタ・ジュニーナ/ドライブスルー焼きそば販売」を開催する。  会場は、サンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)の駐車場(Bunkyo a Rua Galvão Bueno […]
  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • なんともブラジル的な接種スケジュール2021年6月25日 なんともブラジル的な接種スケジュール  13日の日曜日、それは突然訪れた。この日、サンパウロ州が50代のワクチン接種予定を突如、「16日からにする」との発表を行った。まず、これに面食らった。  当初の予定では50代のワクチン接種は8月2日から。対象者となるコラム子はその心積りでいたのが、突然「数日後」にな […]
  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]